「イシコとハネヲ」のバッドエンドに賛美を!

中村知也 有村架純

中村倫也・有村架純イラスト/犀賀優(C)まいじつ

7月29日、有村架純と中村倫也がドラマ「イシコとハネヲ~そんなことでアピールしますか~」で共演。 -』(TBS系)第3話が放送された。 相変わらず、終わらない話が話題になりました。

石子(有村)は、父・和太郎(さだまさし)が経営する潮法律事務所に勤務するパラリーガル。 ある日、司法試験に一発合格した高卒の弁護士・羽野(中村)が、ぎっくり腰の父の代理人としてやってくる。

正反対のようで似ている二人が、それぞれのコンプレックスと向き合い、様々な悩みに挑戦しながら成長していく姿をオリジナル脚本でコミカルに描く。

第3話では、羽野に「国政弁護士」の依頼が入る。 今回弁護を担当するのは、映画会社から著作権法違反の疑いをかけられ、動画を編集した「高速動画」をアップロードしたとして逮捕された大学生の山田亮平(猪脇海)。無断で動画サイトへ。 )は。 亮平は反省の表情を見せず、「みんな幸せ」と言い切った。 彼はまた、彼のビデオが興行収入でうまくいっていると言います。

「いい話ができなくてごめんなさい。」

一方、遼平と似た名前の映画監督・山田恭平(でんでん)は、ネット上で本人と間違えられていると批判され、彼の新作は他人の仕事のせいで早送り映画の餌食になってしまう。 恭平のファンだった涼平は、速報を見て自分の犯した罪に気付く。 後日、謝罪に行ってひざまずいたが、恭平はこの映画に10年を費やしたことを明かし、「あと10年かかったら、もう映画は作れないかもしれない。 いただいてもお受けできません」と言ってその場を立ち去りました。

ファストムービーの制作者たちを決して許さなかったこの話は、インターネット上で批判されています。

「いい話ができなくてごめんね」
《謝ってスッキリさせた本人の自己満足であることは事実です》
「綺麗な結末にならなくてよかった」
「あまりきれいな結末ではありませんでした。」
《甘くなくとても良い結末です》
《その罪を一生背負いなさい》
「いい話ですね。普通のドラマなら許してハッピーエンドにします」

と言う声があります。

こちらは視聴者からの支持が高かったようです。

[I want to read it together]






Leave a Comment