「ジブラルタルってどんなところ?」 2分で学ぶ国際社会| 読むだけで世界地図がわかる本| ダイヤモンドオンライン

ニュースで見聞きした国、オリンピックやワールドカップに参加した国、ガイドブックで目を引いた国-名前しか知らなくても「どんな国なの?」想像するのは驚くほど難しいです。 新刊「読むだけで世界地図がもらえる本(井田義康編)世界地図を約30の地域に分割し、世界212の国と地域を地図を見ながら一目で確認できます。それぞれの地域の特徴や国の関係をコンパクトに学び、大人が知っておくべき世界の重要な課題を明確に理解できる画期的な本です。このシリーズでは、この本から抜粋して、世界の国々を毎日一つずつ紹介しています。

写真:Adobe Stock

ジブラルタルってどんなところ?

ジョン・レノンとオノ・ヨーコによる結婚式で知られるジブラルタルは、イベリア半島の南東端に突き出た小さな半島を占めており、その面積は南北5 km、東西1.2kmです。

東は地中海、南はジブラルタル海峡、西はジブラルタル海峡に面しています。 北側は低地で、スペインアンダルシアのラ・リネア・デ・ラ・コンセプション本土と砂州で結ばれた陸繋島です。

ヨーロッパに残っている最後のコロニー

ジブラルタルは、アフリカ大陸を見下ろし、地中海への玄関口を押さえている戦略的な戦略的ポイントです。 軍事および海上交通にとって重要であると見なされているため、「地中海の鍵」と呼ばれています。今でもイングランド軍隊が駐留しています。

半島の大部分を占める高さ426mの石灰岩と頁岩は「ザ・ロック」と呼ばれ、古くから西航海の終わりに「ヘラクレスの柱」の1つとして知られています。

山腹に石灰岩の洞窟があり、ツアーコースの真ん中には世界でも珍しい石灰岩の洞窟の空間を利用したコンサートホールがあります。

1713年のユトレヒト条約以来イングランド支配し続けている、スペインまだ返品を求めています。 ジブラルタルはヨーロッパで最後に残っている「植民地」であり、300年もの間紛争が続いているという点で世界の領土紛争の中でユニークです。

ジブラルタル

面積:7㎢人口:30,000人
通貨:ジブラルタルポンド
言語:英語(公用語)、スペイン語
宗教:カトリック72.1%

(注)「2022世界のデータブック」(二宮書店)、CIA ワールドファクトブック(2022年2月現在)を参照してください。

(この記事は「読むだけで世界地図がもらえる本]抜粋して編集しました。 )。

Leave a Reply

Your email address will not be published.