「ポルトガルってどんな国?」 2分で学ぶ国際社会| 読むだけで世界地図がわかる本| ダイヤモンドオンライン

ニュースで見聞きした国、オリンピックやワールドカップに参加した国、ガイドブックで目を引いた国-名前しか知らなくても「どんな国なの?」想像するのは驚くほど難しいです。 新刊「読むだけで世界地図がもらえる本(井田義康編)世界地図を約30の地域に分割し、世界212の国と地域を地図を見ながら一目で確認できます。各地域の特徴や国の関係をコンパクトに学び、大人が知っておくべき世界の重要な課題を明確に理解できる画期的な本です。このシリーズでは、この本から抜粋して、世界の国々を毎日一つずつ紹介しています。

写真:Adobe Stock

ポルトガルってどんな国?

ポルトガルは、イベリア半島の南西部、ヨーロッパ大陸の南西端に位置する国です。北東側にあります。スペイン南西側は大西洋に面した海岸線です。

大航海時代に世界に入ったポルトガルは古くから日本と深いつながりがあり、1543年に種子島(現在の鹿児島県)に漂流したポルトガル人が日本に銃を持ち込みました。

その後、南蛮貿易が始まり、ヨーロッパの文化と学問が日本に紹介されました。 この頃、ポルトガルから日本に天ぷらと金平糖が紹介されました。

1582年、日本からヨーロッパ(天正遣欧少年大使館)に派遣された4人の少年がポルトガルに上陸し、リスボンのイエズス会のサンロッケ教会に滞在しました。

農業面では、オリーブ、ブドウ、コルクなどを育てる地中海式の農業が人気で、「ポルトガルの宝石」と呼ばれるポートワイン(北部のドウロ地方で作られたアルコール度数の高いワイン)が人気です。 、有名です。

日本のポルトガルとの貿易については、乗用車や一般機械の輸出、衣料品、アクセサリー、有機化合物の輸入を行っています。 貿易は慢性的な赤字であり、観光収入と移民労働者からの送金によって補われています。

ポルトガルの人口は1000万人強ですが、かつてポルトガルの植民地だったポルトガル語が公用語であるため、世界のポルトガル語の人口は約2億人と言われています。 私は。

ポルトガル

面積:92,000㎢首都:リスボン
人口:10.264百万通貨:ユーロ
言語:ポルトガル語(公用語)、ミランダ語
宗教:カトリック81%
隣接:スペイン

(注)「2022世界のデータブック」(二宮書店)、CIA ワールドファクトブック(2022年2月現在)を参照してください。

(この記事は「読むだけで世界地図がもらえる本]抜粋して編集しました。 )。

Leave a Reply

Your email address will not be published.