「値上げ」は続く。 食用油、パン、サバ缶…原材料の長期使用がはっきりと見られます。

食品や飲料などの身近なものの価格は7月も上昇し続けるでしょう。 2月に始まったロシアのウクライナ侵攻の影響は、不作により商品価格が上昇しているところに現れ始めた。 原油や穀物の価格は高止まりしており、すでに値上げされている商品については「値上げ」や「値上げ」の事例があります。 ただし、春以降の円安は本格的な価格には反映されない。 終戦の兆しはなく、下半期にはさらなる値上げが広がる可能性が高い。 (大島浩一郎)

日清オイリオグループなどは、昨年4月以来6度目の食用油の値上げを決定しました。 J-オイルミルズは、家庭用の送料を1キログラムあたり60円以上値上げしました。

6回目の値上げ率は240円以上となります。 昨年から南北アメリカでは原料となる大豆の収穫量が少なく、ウクライナの緊張が「原料価格の上昇を加速させた」(人)ため、値上げが繰り返された。日清オイリオグループ担当)。 シカゴ市場の先物市場は2020年の秋に比べて1.7倍に上昇しました。円安も課題に追加されます。

パンメーカーはまた、今年2度目のパンやその他の製品の価格を引き上げます。 値上げは、4月から9月にかけて政府の製粉業者に輸入小麦を販売した価格が前期(2021年10月から2010年3月)に比べて17.3%上昇したことによるものと言われている。

日本水産は、サバの缶詰と瓶詰めの価格を再び引き上げました。 円安により海外からの輸入コストが押し上げられている。 原材料価格は上昇を続けており、担当者は「3分の1(値上げ)があるかもしれない」と明かしている。

民間調査会社帝国データバンクによると、今年の食料品値上げ総額は10,789件(6月1日現在)。 このうち、6月から8月にかけて4896項目が実施され、全体の45%を占め、同社の飯島大介は「ウクライナ侵攻による価格高騰を反映した」と分析している。 ただし、これまでの値上げによりコスト上昇を吸収できていない企業もあり、「今後は円安の影響が反映されると見込まれます。再度値上げの動きが見込まれます。加速する。」

1

Leave a Comment