「怖すぎる…」 不気味な絵が描かれた謎の看板 誰が何の為に? 運営団体に真相を聞いてみた : J-CASTニュース[Full text]

杖を持った老人のように見える不気味な黒い絵が描かれた警告サインが村のいたるところにあります。 2022年7月28日に某Twitterユーザーが投稿した写真が、SNSで怖すぎると話題になりました。

この看板がある静岡県伊豆市の八ツ岳社会福祉協議会の担当者は7月29日、J-CASTニュースの取材に対し、SNSでの反応について「まさに私たちが望んでいたものだ」と語った。彼は言った。

  • 中伊豆地区の謎の看板(Googleストリートビューより)

    中伊豆地区の謎の看板(Googleストリートビューより)

  • 実際に貼られている謎の看板(提供写真)

    実際に貼られている謎の看板(提供写真)

  • 中伊豆地区の謎の看板(Googleストリートビューより)
  • 実際に貼られている謎の看板(提供写真)

「怖くて泣きました。」

不気味な絵とともに、看板には「注意!」などの車両への警告が書かれています。 と「ゆっくり!」 29日19時までに、この謎のサインを紹介する写真が7,000件以上のリツイートと4万件以上のいいねを獲得し話題となっています。

矢岳町民福祉委員会の担当者は、看板の経緯について「もともと看板は地元の人が作ったものでしたが、良い取り組みだったので町民委員会が引き継いだので、広めましょう。 広がった」と語った。

かつてデザインの仕事をしていた人が、両親を参考に絵を描き、家の近くに貼ったという。 その後、「この標識を立てると速度が遅くなるのではないかという話を始めたところ、面白かったので広めることにしました」と、委員会に持ちかけた。

伊豆・中伊豆地区を中心に設置されているこの看板は、2011~12年頃から始まったとされ、伊豆市、矢岳、那珂地区、白岩、大東、湯ヶ島の13委員会の中で合計100名以上の委員会が設置されたと言われています。看板の普及・管理活動を行っている地域福祉委員会は 5 委員会のうち 5 委員会。

SNS上で「不気味な絵」との声が寄せられたことについて、担当者は「意図したとおりです」と意気込みを明かした。 もともと、看板には注意書きすら書かれていませんでした。 理にかなっていると思うので、これを見た人に考えてもらいたい」と話した。

Leave a Comment