「担当編集の不手際」で漫画連載中止 「不用意な扱いを感じた」…作者が蕁麻疹と突発性難聴に苦しむ : J-CASTニュース[Full text]

東京漫画社のBLウェブマガジン「NUDE」で連載中だった漫画「影森人ジグとメル」が、2話で打ち切りとなった。 2022年8月1日に公式サイトで発表された。

担当編集者のせいでコミュニケーション不足や打ち合わせでの失敗が相次いだと、著者の比嘉礼里さんが不満を漏らしていた。

  • 打ち切られたマンガ

    絶版漫画『影森人のジグとメル』

  • 打ち切られたマンガ

「編集部員のスケジュール管理不足と度重なる不手際」

「東京漫画社」は、主に飲食店を運営する株式会社ソフトライン(東京都調布市)が提供する出版サービスの一つです。 2020年7月に誕生したBLウェブマガジン「NUDE」。

『影守人ジグとメル』は、2021年5月15日発売のNUDE vol.6にて連載開始。

2021年12月、NUUDE編集部は「担当編集者のスケジュール管理不足と度重なる不手際により、進捗面で先生方に多大なご迷惑をおかけしました」として、休刊の謝罪を行った。これからは編集体制を整えて、先生方のご負担にならないように進めていきます」と発表し、2010年5月に第2話が公開された。

しかし8月1日、影森人ジグとメルの連載終了を発表。

「昨年12月にお詫びいたしましたとおり、編集ミスにより連載を休止しておりましたが、再開いたしました。 決定に至りました。
連載を楽しみにしてくださっていた読者の皆様には、心よりお詫び申し上げます。

同日、作者のはるかさんは自身のツイッターで連載終了の経緯と理由を次のように明かした。

編集担当については、「連絡が取れず作業が進まなかった」「打ち合わせの見落としが多かった」などの不備があったとの指摘があった。 他の作家さんの掲載状況や作品の進捗状況と比べて、「無視されるなど、お粗末な扱いをされていると感じた」とのこと。 他の従業員にも何度か改善を求めたが、この状態が約1年続き、蕁麻疹による不眠や突発性難聴に悩まされるようになり、日常生活に支障をきたすようになったと訴えた。

前述の通り、2021年12月に編集部からお詫びと今後についてのお知らせがあり、編集部は遥さんの要望を受けて決定の延期を要請したとしている。 その後、遥さんは「回復してほしい」と努力を重ねるが、編集部の状況は一向に好転しない。 2022年5月に公開された第2話の制作過程でも、連絡不足や遅延は改善されなかったという。

ハルカは「『影森人ジグとメル』はNUDEに不要だと改めて感じた。自分たちに合わないと思った」と連載を断念した。

はるかさんは、連載開始前に決めていたストーリーを読者の皆様にお届けできず、「本当に残念で情けない気持ちでいっぱいです」と打ち明けた。 応援してくださった読者の皆様に「心から感謝申し上げます」と謝罪した。

Leave a Comment