「私は2分間無呼吸でした。」 US ASのコーチは、プールでのレスキュープレーを振り返ります。 写真1枚国際ニュース:AFPBBニュース

 原産地:ブダペスト/ハンガリー

[June 24th AFP]22日に開催された第19回FINA世界水泳選手権とアーティスティックスイミングソロフリールーチン(FR)決勝では、公演後に気を失い、プールの底に行きました。 沈没した米国のアニタ・アルバレスは、「少なくとも2分間は呼吸がなかった」と、プレーヤーの命を救ったコーチは迅速な決断で語った。

アーティスティックスイミングで4つのオリンピックメダルを獲得したアンドレア・フエンテス監督は、「肺が水でいっぱいだったため、少なくとも2分間は無呼吸だったと思う」と語った。 「水を吐いて咳をしても大丈夫だったけど、本当に怖かった」と彼は振り返る。

Leave a Reply

Your email address will not be published.