「車検シール」の貼り付け位置が変わります!? 目的は何ですか?彼は国土交通省に2023年1月から申請するように依頼しました| 車のニュース

2022年6月22日、国土交通省は「車検ステッカー」の位置を確認すると発表した。

車検の「不注意な」期限切れの防止

2022年6月22日、国土交通省は、自動車のフロントガラスに貼付する「車検ステッカー」の位置を検討すると発表した。

車に貼付されている車検ステッカー
車に貼付されている車検ステッカー

車検ステッカーの正式名称は「車検マーク」で、新車登録時または定期車検(車検登録制度)に合格したときに発行されます。

車検ステッカーには、車検の有効期限が確認できるように、車検の有効期限の「年」と「月」が数字で示されています。

ステッカーの貼付位置については、道路交通法施行規則第37条の3に「自動車のフロントガラスの内側に検査マークを貼って、正面から見やすいように表示する」と規定されています。 。」 行われています。

また、より具体的な取り付け位置については、車検作業の実施手順を定める通知において、「車室内にバックミラーを備えた車は、その前のフロントガラスの上部である」とのことである。またはフロントガラスの上部が着色されています。 この場合、「下にずれた位置」と表示され、一般的にバックミラーの裏側に取り付けられていると言えます。

では、なぜ今回は車検シールの位置が変わったのでしょうか。 国土交通省自動車局整備課の担当者は次のように述べている。

「車検を忘れて車検ができなくなった車もあります。

そのため、車検防止対策の一環として展示位置の見直しを検討しており、現在、皆様からのご意見をいただいております。 「」

変更する位置については、「運転席前の運転席から、フロントガラスの運転席側上部にある、運転席から見やすい位置」を考慮しているとのことである。車両の中心から可能な限り離れて」。

これについて、上記の担当者は次のように話します。

「以前は運転席から隠されていたポジションでしたが、今回の改定では、右ハンドルの場合、運転席から見やすく、視界を遮らないポジションになりました。 、右上で検討中ですが、今後のご意見に応じて変更させていただきます。

※※※

今後、具体的な法改正が行われるとのことで、今年8月に改正され、来年1月に施行される予定です。

現在、6月22日から7月22日までの月間、国土交通省のホームページで、検査マークの貼付位置の見直しについて意見を募集しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.