「離婚した」家で飲んでいた妻と喧嘩した…「札幌市職員」が足を蹴ってけがをした31歳の男性を逮捕

北海道文化放送

北海道文化放送

領域

北海道札幌市出身の31歳の男性が、妻の足を蹴って怪我をしたとして逮捕されました。

現在の負傷者は札幌市建築部建築部建設課の技術者である31歳の男性に逮捕された。

3月29日午後10時ごろ、札幌市西区の自宅で同居している20代の妻を蹴ったり負傷させたりしたとして、急いでいる警官に男が逮捕された。

妻は足の腫れでけがをしました。

警察と市によると、妻が結婚して夫に暴力を振るったと警察に通報したところ、事件が発覚した。

事件当時、二人は酒を飲んで喧嘩をしており、男は非常に高くなり、突然暴行を受けたとみられている。

これまでのところ、夫婦間の問題について警察との協議は行われておらず、当時、自宅に幼い子供がいましたが、被害はありませんでした。

調査によると、男性は疑惑を認め、「私も離婚の話を破った」と述べた。

市営ビルの建設工事では、通常、現場対応を担当しており、作業態度に問題はなかった。

札幌市局長の大島義之氏は、「職員の逮捕が市民の信頼を大きく傷つけたことを深くお詫び申し上げます」と述べた。

北海道警察によると、2020年の北海道警察の配偶者からの暴力に関する相談件数は3,669件で、過去10年間で最も多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。