「食べ物が悪い」「ただ不快」ちむどんどん「ごちそうがめちゃくちゃ」怒りの声が次々と:J-CASTニュース[Full text display]

2022年7月28日に放送されたNHKTVシリーズ「ちむどんどん」では、ヒロインの兄・剣州(竜星涼)が「ただ不快」と大騒ぎした。 がある。

  • ちむどんどん公式サイトより

    ちむどんどん公式サイトより

  • ちむどんどん公式ツイッターより

    ちむどんどん公式ツイッターより

  • ちむどんどん公式サイトより
  • ちむどんどん公式ツイッターより

健州は義母のために用意されたごちそうを食べる

※以下はスポイラーを含みます。

この作品は、沖縄本土復帰50周年に合わせて放映されています。 1964年、ヒロインの信子(黒島ゆな)は故郷を食べることを夢見て、まだアメリカの支配下にあった本島北部の「やんばるエリア」を舞台に、料理人を目指しています。 彼女は現在東京にいて、東京の銀座にあるイタリアンレストランAllaFontanaで料理人として成長を続けています。 「ちむどんどん」というタイトルは「わくわくする心」を意味します。

信子は母親の久保田成子(鈴木保奈美)に和彦(宮沢氷魚)との結婚を認めてもらい、沖縄の居酒屋「あまゆ」に誘い、心を開いて彼女の名物を楽しませてくれる。 試す準備をしてください。

料理を終えて身だしなみを整えると、音がしました。 急いで見たところ、何も知らずに用意された大皿を食べていた兄の健州が見えた。

信子は「いや!食べないで!」とケンシュを止めようとするが、ケンヒデは「静かに!」と叫ぶ。 彼女は「Go!」と言って競馬放送を噛みました。 そしてまた箸をお勧めしようとします。

精力的な演技で食べ物が散らばる…

「あまゆ」のオーナーもこれをやめたが、健秀はテーブルに手を置いて「このレースは兄貴としての誇りと価値をすべて持っている。ここにいるよ!」と言った。

すると、久保田成子が悪いタイミングで現れた。 賭けていた馬を倒した後、ケンヒデが大声で叫ぶのを見た久保田成子は、「そう言ったの?(信子と和彦)は別世界に住んでいる」と語った。 彼はその場を去った。

信子の就職と東京への引っ越しに続いて、ケンヒデは彼女の結婚を妨げました。 競馬に負けて後悔するシーンでは、テーブルに手を当てた反動で食べ物が散らばっているのが見えます。 ケンシュウのシャツの裾が机の上に落ちたときに皿の上に乗るシーンもありました。

SNSでは、そんな料理の扱いに

「こぼれたり、振りかけたりするシーンが散らばっていると、憂鬱な気分になります。そんなことはできなかったのでしょうか?」
「理由がない限り、貧しい食糧の生産はただ不快に感じます。」
「食べ物が手に入らなかったのは悲しいことで、誰もそれがおいしいとは言わなかった。ニーニにこれをしてほしくない。ドラマとして料理に参加しないことを願っている」
「ケンシュウのオオカミが単なる食べ物の冒涜であるという生産はまだ不明のようです。なぜなら、食べ物の扱いや調理が不十分だと、床に投げたり、こぼして汚したりするだけではないからです。」

一連の厳しい意見があります。

Leave a Comment