『ONE PIECE FILM RED』“歌姫”うた誕生秘話から“今が一番アツい”原作の未来まで、ジャンプ編集部オリジナルメディア編集長の高野健が語る – コミックナタリースペシャル/インタビュー

『ONE PIECE』シリーズの劇場版第15作『ONE PIECE FILM RED』が8月6日に公開される。 本作は原作者の尾田栄一郎がプロデュース。 音楽の島エレギアで行われたライブコンサートを舞台に、世界中で熱狂的な歌姫であり赤毛のシャンクスの娘ウタと麦わらの一味、そしてシャンクスの物語。

『ONE PIECE FILM RED』の公開を記念して、ナタリーが映画・コミック・音楽の3ジャンルを特集。 コミックナタリー特集第2弾は、『ONE PIECE』のオリジナルメディア担当編集者であり、映画の制作にも深く関わっている集英社の高野武が登場。 谷口吾郎監督の参加、うたの歌唱キャストやアドを起用した理由、制作時の織田の裏話、ルフィのとある気になる発言など、映画にまつわる話題から最終章に突入したオリジナル作品それは今までのオリジナルにはありませんでした。 私は彼に将来について教えてほしいと頼んだ。 また、長編第1作目ナタリーではルフィ役の田中真由美さん、歌役の名塚佳織さん、シャンクス役の池田秀一さんが出演、第3作目ナタリーでは亜土さんへのインタビューを掲載。音楽。 配達。

取材・文/宮津知則

「大きくて強い敵」ではないキャラクターを作りたい

──2018年7月にスタートした原作『ワノ国』はクライマックスを迎え、最終章に突入。 また、『ONE PIECE』は現在、原作25周年に合わせて様々な施策が実施されたり、映画が公開されるなど、大きな盛り上がりを見せています。

同意します。 ただ、映画の公開ということで、最終章に入る絶好のタイミングは、狙っていたのに偶然の産物でした。 そこの調整はさすが小田さん。

──そうですね。 前作の劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』が2019年8月に公開され、3年ぶりの新作となりますが、制作はいつ頃から?

ストーリー自体はかなり前から出回っていて、2019年末くらいに「次の映画どうしようかな?」という話題になりました。 その中で「シャンクスとルフィを描きたい。 そこから制作が始まりました。

尾田栄一郎によるうたの設定画。

尾田栄一郎によるうたの設定画。

──映画化の第1報が出た時、尾田さんも「映画の伝説のおっさん描くの飽きた!笑 女の子描かせて!」とコメント。 (「ONE PIECE FILM」シリーズ、2022年8月6日公開!谷口吾朗監督)。

はい。 今まで映画では「大きくて強い敵」みたいなキャラを出し続けてきました(笑)。

──小田先生は今回の総合プロデューサーです。 主にどのように仕事に関わっていますか?

見える範囲は基本的になんでもするようなイメージです。 台本や絵コンテも見られますし、音楽重視の映画なので、どんなラインナップの音楽を入れるかということも議論しています。

「ONE PIECE FILM RED」ティザービジュアル

──ということで、映画の内容にも尾田先生の思いが大きく反映されていますね。

とは言え、完全なワンマンではありません。 小田さんは人の意見をよく聞く方です。 スタッフ同士で「これでいいんじゃないの?」と意見を交わすと、 と「いいじゃないですか」と。 それを踏まえて決めたことがたくさんありました。

「アドさん、あなたは私の娘ですか?」 (笑)

──今回、谷口悟朗さんが監督を務めるということに驚かれる方も多いと思います。

同意します。 しかし、『ONE PIECE』を初めてアニメ化したのは谷口監督。

その後『ONE PIECE』は成長し、谷口監督は様々な作品を手がけ、巨匠と呼ばれています。 その理由は。 小田さんも谷口監督を信頼しており、「こんなにすごい人に監督してもらった」と喜んでいたそうです。

※谷口吾朗監督は1998年「

『ONE PIECE FILM RED』制作発表時に公開された尾田栄一郎コメント。

『ONE PIECE FILM RED』制作発表時に公開された尾田栄一郎コメント。

──そもそも谷口悟朗さんが監督になったきっかけは?

まず、谷口監督、そして小田さんにもお願いしたい話がありました。 その後、音楽を扱った映画を作りたいという話をしました。 そうなると、ライブの演出がとても重要になってきます。 どうすればうたのキャラクターをより魅力的にすることができるかという話がありましたが、谷口監督は素晴らしい監督なのでぴったりでした。

──映画を観た時は、ライブシーンが多くて、うたが全然違う顔を見せると思っていたのですが、今作ではうたの魅力に重きを置いています。 すね。

同意します。 やっぱり、スタッフ一同本気で考えていた

『ONE PIECE FILM RED』のうた。

『ONE PIECE FILM RED』のうた。

──うたの声優キャストを名塚佳織さん、歌唱キャストを阿堂さんが担当。 アドの就任はどのように決定されたのですか?

うたの曲を誰にお願いするかという話になったときに、「歌声を聞いて一発で覚えられるような声の人がいいな」と話していました。オーディション」だったのですが、アドさんの名前が出てきたので「やってみよう」と誘いました。 氏のアイデアの後。 アドが出てきて「この人しかいない」みたいな雰囲気で。 1年ちょっと前、2021年5月くらいにアドさんが決めたと思います。

──尾田先生が『ONE PIECE Magazine』で公開している、仕事中に聴いている音楽のプレイリストを見ると、新旧さまざまな音楽を聴いている大の音楽好きという印象を受けます。曲。 アドが選ばれたときの尾田先生の反応はいかがでしたか?

私はとても幸せでした。 あなたが読んだら

『ONE PIECE FILM RED』の劇中歌を収録したアルバム『うたのうた ONE PIECE FILM RED』のジャケットイラスト。 イラストは尾田栄一郎描き下ろし。

『ONE PIECE FILM RED』の劇中歌を収録したアルバム『うたのうた ONE PIECE FILM RED』のジャケットイラスト。 イラストは尾田栄一郎描き下ろし。

──今回は、中田ヤスタカさん、Mrs. GREEN APPLEさん、Vaundyさん、FAKE TYPE.さん、澤野弘之さん、折坂悠太さん、秦基博さんなど著名人が楽曲を提供。 アーティストはどのように決めましたか?

谷口監督と小田さんと話し合って決めました。 最初は谷口監督と小田さんに「このシーンはこういう曲が欲しい」と言ってもらい、最終的に「7曲は欲しい」ということで、そこから谷口監督と尾田さんにお願いしました。尾田さんは、それぞれの曲がどんなイメージを持っていたのか、リストにしてみました。 その後、3人で何があり、何がそうでないか話し合った後、決めた人に声をかけることにしました。

──では、あるイメージで曲をオーダーされて、

尾田栄一郎描き下ろしのアドのイラスト。

尾田栄一郎描き下ろしのアドのイラスト。

同意します。 音源のデモをいただいてからは、特に困ったこともなく、ただただ楽しい時間でした(笑)。 みんなで自分の声でデモ音源を作っていたので、それを聴いたあと、小田さんと「これ聴いていい? アドさんが歌ったらどうなるの? 私はとても幸せでした。

Leave a Comment