ある限り払い続けられる「運用管理費」 | 最新版つみたてNISA この9冊から選ぶ | ダイヤモンドオンライン

コロナショックによるリモートワークなどのライフスタイルの変化により、資産形成への関心が高まっています。 特に20~30代の若者を中心に、つみたてNISAの口座数が急増しています。そんな中、つみたてNISAは決定版と言えます「この9冊から最新のつみたてNISAを選ぼう」』(中野晴宏 著、ダイヤモンド社)が3月16日発売。つみたてNISAを長期投資や資産形成に活用したい方のために、必ずつみたてNISAの賢い選び方・買い方を本より抜粋して公開します。投資初心者で「つみたてNISAってなに?」と思っている方も。 基本を分かりやすくご説明いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

写真:アドビストック

投資運用コストは、投資信託委託会社にとって「ベネフィット」です。

次に、「運営管理費」についてご説明します。

少し前までは、運用・管理コスト「信託報酬」こう呼ばれていましたが、投資信託を運用する投資信託委託会社、投資信託資産を運用する受託銀行、販売金融機関の3社が受け取れる報酬(このうち、販売金融機関が受け取る部分を上記「取次手数料」といいます)。

投資信託運用会社にとって、運用コストはまさに「ベネフィット」です。 インデックス運用とアクティブ運用ではレベルが大きく異なりますが、年利0.1~3%程度ですので、投資信託の信託財産から毎日差し引かれることになります。

信託財産とは、保有する投資信託に含まれる株式や債券などの資産をいいます。

たとえば、営業経費率が年間 1% であるとします。 「純資産残高」は、信託財産の現在の金額を示しています。 運営・管理費は、ファンドの運営・管理に携わる関係会社に分配されます。

運用管理コストの高さとパフォーマンスの良さには何の関係もない

管理手数料率は、投資信託ごとに異なります。 さて、コストが高いほど結果が良いのか疑問に思う人もいるかもしれません.

「高い料金を払っているのだから、もっといいサービスを受けられるはずだ」と思うのは当然だと思います。

しかし、それは投資信託にはまったく当てはまりません。

投資信託としての最高のサービスは今も変わらず投資家に確かな投資パフォーマンスを提供するおもう。

しかし、運用費比率の高いファンドが安定して高いパフォーマンスを発揮できるという相関関係はありません。

これは、投資信託が株式市場や債券市場などの市場で運用されているためです。将来の市場がどうなるかを事前に知ることができるファンドマネージャーは絶対にいません。. 未来は誰にも予測できないからです。

世界的に有名で非常に才能のあるマネージャーを雇うために高額の手数料を支払ったり、非常に高価な投資システムを導入したりしても、高い投資パフォーマンスが保証されるわけではありません。

 どんなに優秀なファンドマネージャーでも、常にトップクラスの運用成績を維持できる人はいません。もの。

資産運用コスト比率の高い投資信託が必ずしも優れているとは限らない

過去には、ノーベル経済学賞受賞者を中心に運用体制を構築したヘッジファンドが、通貨危機の影響で破綻した。 これだけの実績があっても、必ず勝てるわけではないことはご想像いただけると思います。

その費用を負担する運用・管理報酬率の高い投資信託があっても、優秀な経営者と優れた運用体制に多額の資金を投じれば必ず勝てるという保証があれば、それはそうではありません。 許容できる。

しかし現実には、いくらお金を払っても良い結果が得られるとは限りません。 要するに、資産運用コスト比率の高い投資信託が必ずしも優れているとは限らないです。

しかし、ここで疑問が生じます: 高い O&M コストは何を意味するのでしょうか? これについては次回説明します。

中野治宏
セゾンアセットマネジメント 代表取締役会長兼CEO
一般社団法人投資信託協会副会長。 セゾン文化財団理事
1987年明治大学商学部卒業後、クレディセゾン入社。 2006年、セゾンアセットマネジメントを創業。 2020年6月より現職。長期投資を提案し着実に資産を増やしていく。 15年以上にわたり国際分散投資信託2本を運用し、個人の長期的な資産形成をサポート。 「R&Iファンド大賞」客観的定量評価大賞を9年連続受賞。 16万人が開設した口座数、預かり資産は5000億円を超えた。
主な出版物で「この9つから最新の投資信託を選ぶ」「こういう投資信託を買う」(上、Diamond Co.)および他の多く。

Leave a Comment