くら寿司とブリ文化のデジタル化–AIが「魚の食欲」を分析–ZDNetJapan

人工知能(AI)とIoTの養殖への活用に取り組んでいるUmitronは、くら寿司の子会社であるKURA Fish Farmと共同で、スマートフィーダー「UMITRONCELL」を使用したブリの養殖に成功しました。 Umitronは6月23日に発表しました。 栽培ブリは6月24日〜26日まで全国の回転寿司チェーン「くら寿司」で販売されます。

として220円で販売

「エクストララージカットAIハマチ」として220円で販売

UMITRON CELLは、AIとIoTを活用する養殖農家向けのスマートフィーダーです。 AIは、魚の食欲をリアルタイムで分析および判断して、餌の量とタイミングを最適化し、スマートフォンなどの端末からケージ内を泳ぐ魚を監視して、リモートで餌を与えることができます。

近年、漁業では労働力不足、不安定な収入、過酷な労働環境が問題となっています。 くら寿司は2010年から「漁業の創造」をテーマに様々な活動を行っており、2021年11月に漁業会社として倉魚養殖場を設立しました。 UMITRON CELLは2021年春に発売され、2022年3月には「AI桜台」と同じ設備で栽培された紅鯛が全国に発売されました。

Umitronでは、ブリの稚魚期にUMITRON CELLを用いた成長試験を実施しましたが、成魚まで成長した記録はありませんでした。 2021年6月より、倉養殖場・養殖業者との成長検証試験を実施し、出荷に至りました。

ブリは一度にたくさんの食べ物を食べるので、機械を使って一度に大量の食べ物を短時間で注入し、食欲の状態を視覚的に確認して、成長に必要な量を与えることができる方法です。廃棄物。 それは一般的でした。

今回の実証実験では、UMITRON CELLに切り替えても、以前と同じように成長し、AIで求めた魚の食欲に合わせて餌を与えることで、餌の量を約10%減らすことができることがわかりました。 以前は毎日ケージに行って給餌していましたが、リモコンに切り替えることで2〜3日に1回の頻度になりました。 また、人件費や燃料費の削減にもつながったと言われています。 今回の初回出荷では、約20トンが上陸しました。

UMITRONCELLを使用した画像

UMITRONCELLを使用した画像

デモンストレーションの結果をもとに、UmitronとKURA Fish Farmは愛媛県宇和島市の養殖会社2社に設備を提供する契約を結び、AIとIoTを活用した本格的な養殖を進めていきます。 今後もブリの給餌・成長データを蓄積し、AIの精度を向上させ、生産効率の向上、省力化、ブリの安定供給を目指します。 くら寿司は、2024年までにKURA養殖場による委託養殖で取り扱うブリの約30%をカバーする予定です。

ZDNet Japanのすべての記事を毎朝メールで読む(無料登録)

Leave a Reply

Your email address will not be published.