さようなら、ボーイング747…最後の航空機を組み立てている工場に行きました| ビジネスインサイダージャパン

ボーイング747ファクトリーツアー。

ボーイング747ファクトリーツアーの様子。

シアトルタイムズ

  • ボーイングは、最後の3つの大型ジェット機であるボーイング747を製造しています。
  • 3つすべてが2022年末までに貨物航空会社のアトラス航空に引き渡されます。
  • インサイダーはボーイング747の工場を訪れ、最後の747の生産を見て、その生産と歴史について学びました。

ボーイングを象徴する2階建てのジェット機であるボーイング747は、間もなく組立工場から永久に姿を消します。

ボーイング747。

ボーイング747。

ボーイング


歴史上最後の3機のボーイング747は、ワシントン州エベレットのボーイング工場で生産されています。

最初のボーイング747-8Fは組立ラインから転がり落ちます。

最初のボーイング747-8Fは工場から降ろされています。

ボーイング


3つすべてがボーイング747-8であり、アメリカの貨物航空会社アトラス航空に引き渡されます。これは時代の終わりを示し、歴史上最大の航空機プログラムを終了します。

アトラス航空ボーイング747-8

アトラス航空ボーイング747-8。

Arjan Veltman / Shutterstock.com


ボーイング社では「空の女王」としても知られる747は、世界最大の航空会社であるパンアメリカンワールドエアウェイズの創設者であるファントリップです。 )しかし、ボーイングが長距離を飛ぶことができ、巨大で多くの乗客を収容できる旅客機の開発を依頼されたときに、その生産が始まりました。

パンナムボーイング747

パンナム航空ボーイング747。

モールスコレクション/ガド/ゲッティイメージズ


1950年代から1960年代にかけて空の旅の需要が急増したため、航空業界はより多くの乗客を運び、航空運賃を下げることができる大型ジェット機を必要としていました。

キャセイパシフィック航空ボーイング747

キャセイパシフィック航空のボーイング747。

LAURENTFIEVET/ゲッティイメージズ

ソース: インサイダー


設計と組み立ての16か月後、最初の747は1969年2月に飛行しました。「インクレディブル」と呼ばれる約50,000人の従業員が、4つのエンジンと2階建ての機首を備えたマンモス航空機の完成に取り組みました。

    史上初のボーイング747。

ボーイング747が初めて飛行。

AP

ソース: ボーイング


ボーイング747は、細いボーイング707の2倍の容量を備えており、当時の座席あたりのコストが最も低く、航空業界に革命をもたらしました。

パンナムボーイング707およびボーイング747

パンナム航空のボーイング707およびボーイング747。

アンダーウッドアーカイブ/ゲッティイメージズ

ソース: ボーイング


ジェット機が安くなったため、海外旅行はより手頃な価格になりました。言い換えれば、長距離便を利用することは、もはや裕福な有名人だけの特権ではありません。

会社の747で飲み物を提供するパンナムの客室乗務員

パンナムボーイング747に乗って飲み物を提供する客室乗務員。

ベットマン/寄稿者/ゲッティイメージズ

ソース: インサイダー


ボーイング747の初飛行は1970年で、パンナムはニューヨークからロンドンまで347人の乗客を運んでいました。 英国海外航空会社などの他の航空会社は、この画期的なジェット機を最初に導入した航空会社の1つです…

616ed6e1c6a5c100188958ce

英国海外航空ボーイング747。

キーストーン/ゲッティイメージズ

ソース: インサイダー


KLMオランダ航空..。

    KLM747-400。

KLMオランダ航空ボーイング747-400。

ルイ・ナストロ/ロイター

ソース: インサイダー


デルタ航空..。

デルタ航空ボーイング747

デルタのボーイング747。

aviation-images.com/Getty Images

ソース: インサイダー


…カンタスも747を導入しました

カンタス747

カンタスボーイング747。

ロイター/ダニエル・ムニョス

ソース: インサイダー


ボーイングは、メディアの専門家をワシントンのエベレット工場に招待し、製造される最後の747の1つを組み立てて、その歴史について学びました。状況を紹介しましょう。

ボーイング747ファクトリーツアー。

ボーイング747ファクトリーツアーの様子。

テイラーレインズ/インサイダー


インサイダーは、最後から3番目の747-8貨物機の生産を観察しました。 747-8は、2010年に飛行した最初のモデルであり、ルクセンブルクの貨物航空会社であるカーゴルックスやルフトハンザを含むいくつかの航空会社で使用されています。

    ボーイング747-8Fの初飛行。

ボーイング747-8の初飛行。

ボーイング


ボーイング747-8Fは、747-400Fの後継機であり、約18フィート長く、最大耐荷重は16%です。

    ボーイング747ファクトリーツアー

ボーイング747ファクトリーツアーの様子。

シアトルタイムズ


「熱心な従業員が最後の747を作ります。多くは生涯を通じてジャンボジェットに関与してきました」とボーイングの747スポークスウーマンであるブリアナジャクソンは言いました。 メディアに語った

ボーイング747ファクトリーツアー。

ボーイング747ファクトリーツアーの様子。

テイラーレインズ/インサイダー


「従業員がこの飛行機にどれほど誇りを持っているかは言えません。40年間この飛行機に全キャリアを捧げてきた人々がいます。彼らは747を愛しており、最後まで見たいと思っています」とジャクソンは語った。

ボーイング747ファクトリーツアー。

ボーイング747ファクトリーツアーの様子。

テイラーレインズ/インサイダー


ジャクソンによれば、747の半分を作るのに約1か月かかるので、2か月ごとに1つのジャンボジェットしか作ることができません。

ボーイング747ファクトリーツアー。

ボーイング747ファクトリーツアーの様子。

テイラーレインズ/インサイダー


彼女は、エベレットからの「空の女王」の最終的な出発は労働力に影響を与えないだろうが、最後の1つが終わった後に何人かのスタッフが引退するだろうと説明した。

ボーイング747ファクトリーツアー。

ボーイング747ファクトリーツアーの様子。

テイラーレインズ/インサイダー


この747はまだ完成していませんが、主翼と尾翼を含む全体の組み立てはすでに完了しています。

ボーイング747ファクトリーツアー。

ボーイング747ファクトリーツアーの様子。

テイラーレインズ/インサイダー


ボーイングは、工場の天井にある巨大なクレーンを使用して部品を動かし、各部品を取り付けます。

2010年に工場でクレーンを介して移動された最初のボーイング747-8F胴体部品。

クレーンで吊り下げられて動かされるボーイング747-8Fの胴体。 2010年に撮影。

ボーイング


私たちが訪れたジェット機にはまだ着陸装置とエンジンが装備されていませんでしたが、エンジンにはゼネラルエレクトリック(GE)のGEnx-2Bが装備され、燃料消費量が少なくなります。

2010年に最初のボーイング747-8Fに搭載されたGEnx-2Bエンジン。b

最初のボーイング747-8Fに搭載されたGEnx-2Bエンジン。 2010年に撮影。

ボーイング


私たちが訪問したとき、従業員は機首の貨物ドアに取り組んでいました

ボーイング747ファクトリーツアー。

ボーイング747ファクトリーツアーの様子。

テイラーレインズ/インサイダー


747型機は機首を開くように設計されているため、サイドドアから出し入れできない大型貨物の積み下ろしが可能です。機首の開きは747ならではの特徴です。もはや製造されていないため、貨物輸送機が代替品を見つけるのは容易ではありません。

ボーイング747のサイドカーゴドア。

ボーイング747の側面にある貨物ドア

テイラーレインズ/インサイダー


インタビューの時点では、この747は緑色に塗装されていましたが、納品時までにアトラス航空の航空機の色で塗装される予定です。アトラス航空は747-8Fを4機注文し、2022年5月に最初の航空機を受け取りました。

ボーイング747ファクトリーツアー。

ボーイング747ファクトリーツアーの様子。

テイラーレインズ/インサイダー


広報担当ジャクソンによると、最後の747は、ボーイングが54年以上にわたって製造してきた1574番目のジャンボジェット機になります。

    ボーイング747ファクトリーツアー。

ボーイング747ファクトリーツアーの様子。

シアトルタイムズ


「私たちは747の遺産を非常に誇りに思っており、747の素晴らしいチームも同様に誇りに思っています。」

    ボーイング747ファクトリーツアー。

ボーイング747ファクトリーツアーの様子。

シアトルタイムズ

[original:Boeing’s iconic 747 will leave the assembly line for the last time this year. See one of last jumbo jets the planemaker will ever build.

(Translation: Mayuko Oba, Editing: Toshihiko Inoue)


Note: If you purchase the product via the link in this article, the affiliate contract will give the editorial department a certain percentage of profit.

Leave a Comment