アート引越センター、引越現場のマンション裏、「うんちポイ捨て」衝撃の現場写真 | スマートフラッシュ[光文社週刊誌]

アート引越しセンター、引越し先のマンション裏、「うんちポイ捨て」衝撃シーン

アートムービングセンターの職員によるゴミ拾い

「本当に驚きました。

千葉県在住のAさんは、8月3日に起きた「恐怖の時間」について語る。 その日の午後、Aさんが住んでいるアパートの隣の部屋で引っ越し作業が行われていました。 担当する仕事は引越業界第2位の売上高。アートムービングセンター“は。

「移動中は2人の従業員が働いていました。 そのうちの1人は、他の従業員と笑いながら、ティッシュの箱を持ってアパートの裏に歩いた. ふと下を見ると、アパートの敷地内で『うんち』をしていて、本当にびっくりしました」

アパートの裏には砂利を敷いた歩道がありました。 驚いたことに、従業員は歩道でうんちをしていました。 しかもすぐ隣で植物が生えていたところにティッシュを捨てて立ち去った。

「もう一歩踏み込んで、具合が悪くて我慢できなくなってその場で排便したとしましょう。

でも、砂利道に出るまでは笑ってたし、近くにコンビニがあるのになんでわざわざマンションの裏で排便したのかわからない」

Aさんはもちろんアートムービングセンターに電話して文句を言いました。

「うんちを掃除してもらいに電話したら、その日の夜、支店の品質管理スタッフが謝罪来ました 排便した人が来ないので、来て謝るように言いました」

翌日、本人と支店長に加えて、そのエリアを担当するブロックマネージャーがやってきた。

「排便したのはパートのアルバイトさん。『急にお腹が痛くなってトイレが思いつかなかった』とのことでした」 、それにしても依頼人のアパートの近くで排便するなんて…」

アートムービングセンターに事実確認を行い、上記事項をご了承の上、

「まず、ビルの住人をはじめ、多くの方々に不快な思いをさせてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。大変申し訳ございません。」

と謝罪しました。 さらに、

「従業員のトイレ利用につきましては、原則として公共施設等を利用するよう指示しておりましたが、このような事態となりましたことを深くお詫び申し上げます。該当箇所の清掃・消毒を速やかに実施いたします。お客様、近隣の皆様にお詫び申し上げます。 」

と答えました。

ゲストの家財道具を運ぶ前に、自分の糞を運べたらいいのにと思います。

( スマートフラッシュ
)

Leave a Comment