ウクライナには「マーシャルプラン」が必要ドイツ首相3枚の写真国際ニュース:AFPBBニュース

[June 23, AFP]ドイツのショルツ首相は22日、第二次世界大戦後の米国が、ロシアの侵略によって荒廃したウクライナの再建に関与したと述べた。 米国が推進する欧州復興計画(通称「マーシャルプラン」)は、大規模な財政支援が必要であり、「何世代にもわたる問題」になるだろうと述べた。

26日から始まるG7サミットで、ショルツ氏はウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領に「ウクライナのマーシャルプラン」の内容について合意するよう呼びかけた。 あなたが目指していることを説明します。

Leave a Reply

Your email address will not be published.