ウクライナ軍が東部最前線から撤退すると脅迫リシチャンシク=知事| ロイター

6月23日、ウクライナ東部のルガンスク州のガイダイ知事は、ウクライナ軍は現在ロシア軍との戦闘の最前線にあるリシチャンシク市から撤退することを余儀なくされる可能性があると述べた。 写真は10日にリシチャンシクで撮影されました(2022年ロイター/ Oleksandr Ratushniak)

[Kyiv, 23rd Reuters]-ウクライナのルガンスク州知事は23日、ウクライナ軍は現在ロシア軍との戦いの最前線にあるリシチャンシク市から撤退することを余儀なくされる可能性があると述べた。 そのことを示した。 ロシア軍はリシチャンシクの南側にある2つの村を占領し、包囲されると脅迫している。

ロシア軍が攻撃を強化しているルガンスクでは、ウクライナ軍は抵抗し続け、リシチャンシクとセベロドネツクの2か所しか保持していません。 両方の都市が崩壊した場合、ロシア側はこの戦争の主な目的の1つであるルハンシクの確保を達成するでしょう。

ウクライナ軍参謀総長は23日、リシチャンシクから約5キロ離れたロスクチフカとリオレクサンドリフカが倒れたことを確認し、ロシア軍がウクライナ軍を包囲しようとしていることを明らかにした。

ガイダイ知事は国営テレビで、「包囲から逃れるために、本部は軍隊に新しい基地への撤退を命じることができる。リシチャンシクの全地域はロシアの砲兵隊の射程内にあり、非常に危険である」と述べた。

Leave a Reply

Your email address will not be published.