カプコンは正社員の平均基本年俸を30%引き上げています。 業績に連動したボーナス報酬など、4月から改定された報酬制度–AUTOMATON

カプコンは、2022年4月1日に報酬制度を改定することを3月31日に発表しました。また、人事関連組織を再編し、新しい最高人事責任者(CHO)を設立します。 目的は、人材投資戦略を推進することです。

発表によると、カプコンは2022年から報酬制度を一部改定する。正社員の場合、平均基本年俸(昇給を含む)を30%引き上げ、よりビジネスに連動したボーナス支給制度を導入する。パフォーマンス。 ちなみに、同社の平均年収は、有価証券報告書に6,034,000円(2021年3月31日現在、ボーナス、非標準賃金を含む)と記載されています。

バンダイナムコエンターテインメントは、大手ゲームメーカーの従業員の給与を上げることに関して、今年4月に開始することを発表しました。 会社の場合、全従業員の基本給は月平均5万円引き上げられ、初任給も従来の23万2000円から29万円に引き上げられます。 これは、従業員の収入を安定させることで作業性を向上させることを目的としていると言われています(関連記事)。。

カプコンは昨年、「遊び文化を創造する感性を育む企業」という経営理念に基づき、中長期的に安定した成長と企業価値の向上を実現するため、コーポレートガバナンス体制の持続的強化に取り組むことを宣言しました。 「」 ..その後、コーポレートガバナンスガイドラインの「従業員との関係」を具体的に推進するために、この措置を実施することを決定しました。

人事関連組織の再編と最高人事責任者(CHO)の設置については、「世界最高品質のゲームを生み出すための開発・技術力」を継続的に強化するため、人事機能を4つの組織に再編しました。 ..新設されたCHOでは、開発部門の人事を担当する「開発人事部」、職場環境の改善と従業員とのコミュニケーション強化を専門とする「健康管理推進部」、「人材育成」を実施しています。経営企画部資源戦略チーム」、「人材部」が横断的に連携し、経営陣と従業員を直接つなぐ体制を構築します。

このような体制のもと、カプコンは、従業員の職場環境をさらに改善し、人材の確保・育成を図り、生産性の向上に努めるとのコメントをいただきました。 前述のバンダイナムコ対策が同じ目的を持っているように見え、同時に同様の政策が示されたのは興味深いことです。 また、両社の経営の良さも実感できます。 カプコンについては、2022年3月期第3四半期決算発表において、売上高および全利益項目で過去最高を記録したとのことです。 カプコンは、今後も従業員の評価・研修体制の充実に努めていきます。

※この記事の英語版があります ここ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。