グランドセイコー、グレートーンの44GS最小モデルが新登場 – Impress Watch

セイコーウオッチは、グランドセイコーシリーズの新モデル「44GS モダンデザインモデル(SBGW291)」を9月9日に発売する。 手巻きの機械式時計で、価格は605,000円。

名作「44GS」のデザインを継承する現代モデルの中で最小となるケース径36.5mmのミドルサイズが特徴。 男女問わず着用しやすいサイズ感です。 グランドセイコーのヘリテージコレクションとして、数量限定のレギュラーモデルとしてラインナップされる。

全体をグレー基調でシンプルにまとめ、文字盤はシルバーカラーのサンレイ仕上げ。 風防はボックス型で、ケースサイズに合わせて時分針とバーインデックスを配置。

ムーブメントは機械式手巻きキャリバー「9S64」。 パワーリザーブは約72時間。 精度(平均日差)は静止時+5~-3秒、携帯時+10~-1秒。 毎時28,800振動。 石数は24石。

ケースはステンレス製です。 風防はボックスタイプのサファイアガラスで、内側に無反射コーティングを施しています。 裏蓋はスクリューバックです。 防水性能は日常生活防水(10気圧防水)を強化。 クロコダイルストラップ。 サイズは縦42.7mm、横36.5mm(ケース径)、厚さ11.6mm。 重さは66g。

グランドセイコー ヘリテージコレクション 44GS モダンデザインモデル(SBGW291)、605,000円

グランドセイコーは4月、手巻きキャリバー「9S64」を搭載したケース径36.5mm、チェリーピンクの文字盤を備えた限定モデル「SBGW289」を発売した。 今回リリースされた「SBGW291」は、ケースデザインとケース径36.5mmはそのままに、グレー基調のシルバー文字盤とクロコダイルストラップを採用した、男女問わず着用できるレギュラーモデルです。

Leave a Comment