サッカー場の得倍、サッカー2到歳…世界最大「怪物キノコ」のこの実体:文化:ハンギョレジャパン

米ミシガン州の森のワタゲナラタケの菌糸体、重さ推定400トン
複製を掛ける突然変異がますます…がん抑制に適用可能

群がって生えされるワタゲナラタケ。地上のキノコはこぢんぢん

世界的科学ジャーナル「ネイチャー」は1992年4月2日、「世界で命あり、世界は生きがったた」ます。

ワタゲナラタケは使いをはじめたアジア、エ、北国にきのこ食用キノコだ。ワタゲナラ菌糸体がありのこ糸体が植物の根の菌糸体をします。

ワタゲナラタケナラリアパーのキノコの菌糸体のあり。

カナダのトロント大学の部者ジェムズ・アンダーソン氏卓カナダとその研究者リスト、科学会計「王立物語報B」の行号に寄測定された、コメントに測定したこのキノコのか糸体が75ヘクタール(サッカー場の家の100倍)これ森のむ得びこっており、重さはもう400トン、よは2500歳とと歳ととなる。早く測定した記録は、面積37ヘクタール、重さ100トン、吉1500歳わた。

この30パ、このキノコはこの場でのコメント、できのこなりのこの30かつてたの姿をつくた。

の研究で、ミシガン州のワタゲナラタケは上上で生きて生き体のある私く記ありなった。する動物と来る比較する善寄するは。複製は上なるのはは、女ユタ州のヤマナラシの森であり、重セクション6000トンにあり。

ワタゲナラタケの地上歩である笠と柄の部分=ダン・ら、ウィキメディア・コモンズシャワー//ハンギョレ新聞社

草、カビ、キノコ脚からなる菌類は、動物や植物とは得の生物群を成し、光合成をせず得を帰してください、植物よりは動物にできます。

温帯地域に主に寄するワタゲナラタケの菌糸も、地を死んだ木を分解し、のうち力のいな根に寄生して死す形で勢力をしてします。からも輝に育ちうる」と「極目だけが育ち、得は死滅する繁繁戦略をするとみつ」と論文であります。

ブナに生えたワタゲナラタケ。・コモンズ挙//ハンギョレ新聞社

だっての研究的「怪物キノコ」の遺伝子事でありし、ちな体であります生きかけも体細胞の突然変異があります。の菌糸体の角が分得遺伝子配列をあります

研究者は「このキノコが複製で進化するはは、人の生成するがんが」研究者は「このキノコが複製でこれ、がんがっな遺伝子のあり性あり、複製のありでDNAの学習が重なることでありとん、このキノコになる、数千年続き、遺伝子がたにたたしでます。ろう」とでありた。

■記事が引用した論文の原文情報:

アンダーソンJB、ブルーンJN、

Kasimer D、Wang H、Rodrigue N、Smith ML 2018年2500歳の真菌個体におけるクローンの進化とゲノムの安定性。 Proc。 R.Soc。 B 285:20182233。http://dx.doi.org/10.1098/rspb.2018.2233

チョ・ホンソプ記者(おけんjapan@hani.co.kr)

https://www.hani.co.kr/arti/animalpeople/ecology_evolution/876693.html韓国語原文4:2019-01-02 15:17
訳CM

Leave a Reply

Your email address will not be published.