サル痘WHO「緊急」検証| auWebポータルインターナショナルニュース

[London = Kazumasa Bando]世界保健機関(WHO)は23日、欧米に蔓延している感染症「サル痘」について緊急委員会を開催した。 「状況」に対応しているか確認してください。 サル痘感染は、ヨーロッパ、米国、中東、およびアジアに広がっています。 WHOは、流行地域でアフリカとは関係のない感染者が次々と確認されている状況を「非常に異常」と考えています。

緊急委員会は、国際保健規則に基づいてテドロス事務総長によって召集されます。 非常事態宣言は法的に強制力はありませんが、各国が空港での検疫の強化や医療機関での検査の改善などの措置を講じることを奨励しています。

WHOらによると、サル痘は1958年に実験用サルから最初に同定されました。 発熱や体の痛みに加えて、顔や手足に発疹が現れます。 ほとんどは軽度で、数週間で治癒する可能性がありますが、子供、妊娠中の女性、または免疫力が低下している人に感染すると、重病になる可能性があります。

サル痘は、ウイルスを運ぶ野生動物に触れることで感染します。 感染者との物理的接触に加えて、感染者の飛沫または体液に触れることによって感染する可能性があります。

5月以降、サル痘の感染は、英国やフランスなどのヨーロッパだけでなく、北米、オーストラリア、イスラエル、韓国にも広がっています。 WHOは17日、今年の初めから15日までに42か国で2,000件以上の症例が確認されたと発表しました。 感染者の84%は、WHOのヨーロッパ地域(旧ソビエト連邦諸国とトルコを含む)に集中しています。 国別では、英国で524人が最も多く、スペインが313人、ドイツが263人と続いています。日本では確認されていません。

サル痘はこれまで主にアフリカの熱帯雨林地域で流行してきました。 世界の広い地域で同時に多数のサル痘が確認されたのは初めてであり、WHOはますます警戒を強めています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.