シカゴ連銀、9月利上げは50ベーシスか75ベーシスなら「適切」 – Bloomberg

シカゴ連邦準備銀行総裁のエバンス氏は、9月の連邦公開市場委員会(FOMC)で決定される利上げの規模について、「あると思うが、75bpで十分かもしれない」とコメントした.

エバンス氏は水曜日に記者団に次のように語った。 3.25-3.5% の予測を思いつきました。」 「6月のインフレ率は予想ほど良くなかったが、金利の軌道は妥当であると我々は楽観している」と述べた。

彼は、2023年の第1四半期と第2四半期に25ベーシスポイントの利上げが行われれば、フェデラルファンドの金利目標は3.75%から4%になり、「十分に高い」と述べました。

SF連銀総裁、高インフレ抑制で「仕事はまだ終わっていない」

元のタイトル: Fed の Evans Says 50 or 75 Bps Reasonable for September Rate Hike (抜粋)

Leave a Comment