ジャイアンツ井野「野球を終わらせる4球」谷繁元信のインターネットでの過酷な解説「エギ」:J-CASTニュース[Full text display]

元プロ野球選手の谷繁元信が、2022年6月22日に放送されたプロ野球ナイター放送番組「日本放送ショーアップナイター」で井納翔一投手に就任。リリースされたある言葉がファンの間で話題となっている。

同日に行われたプロ野球セントラルリーグの巨人-DeNAの試合。 井王は2回、5回半ばからマウンドにいたが、ストライキをせず暴投するシーンがあった。

  • 東京ドーム

    東京ドーム

  • 東京ドーム

「この状態では、もう大変です。」

5回半ばに投手伊野が投球し、DENAの蛯名辰夫に3球連続で投球し、4球目をワイルド投球した後の第1幕。 谷さんは思わず「ねぇ」とつぶやき、「びっくりしました。どこに投げたらいいのかしら」と戸惑いました。

その直後、巨人の原がスタジアムに立ち、投手井野に投球、高木京介に投球を指示した。 「ニッポン放送ショーアップナイター」からスタジアムの叫び声が聞こえた。

今回の変更で谷繁氏は原監督の意向を「今の4球投げの様子を見て、 『(井納投手)はもうできない』と決心したと思う」と説明した。井納の野球生活を終わらせる4球だった」と語った。

谷繁氏は投手井野に「その状態ではもう大変ですね。一軍を投入するのは少し大変ですが、コメントの面では」と不満を漏らしました。 彼は、ワイルドピッチはキャッチャーの指示とは反対の方向にあると言い、「それはありそうもない」と厳しく指摘した。

谷繁氏は、「谷繁氏にとっては少し厳しい言葉でしたが、本当に来るべき時です」と語った。 「そうです、私はそれを感じてやらなければなりません。」

インターネットから、これらの発言

「伊野はフォーボールでしたが、解説はストライキです。」
「谷繁元信…」
「いいえ、野球の人生の終わりはあなた次第です。」

のような様々な声が集まった。

Leave a Reply

Your email address will not be published.