スリランカの経済は「完全に崩壊」し、IMFとの融資契約が必要-ブルームバーグ首相

スリランカのラニル・ウィクラマシンハ首相は昨日、国の経済は「完全に崩壊」し、国際通貨基金(IMF)との融資契約がそれを復活させる唯一の方法であると述べた。

「私たちは今、燃料、ガス、電気、食糧の不足よりもはるかに深刻な状況に直面している」とウィクラマシンハは議会で述べた。 スリランカは国営石油会社の多額の債務のため、現金でも輸入燃料を購入することができず、「底を打つ可能性がある」と述べた。

スリランカ首相ラニル・ウィクラマシンハインタビュー

ウィクラマシンハ首相

写真家:Buddhika Weerasinghe / Bloomberg

スリランカはIMFと交渉中であり、外貨準備を強化し、膨れ上がる輸入品を支払い、通貨を安定させるために、今後数か月で60億ドルが必要になるでしょう。

ウィクラマシンハは、同国がIMFとの最初の協議を完了し、財政と債務の持続可能性、銀行セクター、社会保障について意見を交換したと説明した。 「7月末までにIMFとの公式レベル合意に達する予定だ」と彼は述べた。

IMFがスリランカとの融資交渉を開始-コロンボで30日まで

スリランカ当局は、支援を拡大するために、インド、日本、中国などの友好国との会合を開く予定です。

元のタイトル:スリランカの経済は「崩壊した」と首相は言う(抜粋)

Leave a Reply

Your email address will not be published.