ソニーがゲームモニターに入る。 ブラビアテクノロジーを採用した「INZONE」–AVウォッチ

インゾーンM9

ソニーはゲーム機器業界に参入しました。 「INZONE」という新ブランドを立ち上げ、ゲーミングモニターとゲーミングヘッドセットを立ち上げました。 ここでは、ゲーム用モニターを紹介します。 2モデルあり、27インチ4K/144Hz対応の「M9」が7月8日発売予定。オープン価格/推定小売価格は約154,000円。 27インチフルHD/240Hz対応の「M3」は今年後半に発売予定で、価格は未定。

インゾーンM9

INZONEM9の裏側

ゲーミングギアブランド「INZONE」

「イマージョン」と「ビクトリー」をテーマにしたINZONEブランドを立ち上げました。 ソニーは、TVブラビアや1000XMシリーズヘッドホンなど、視聴覚分野で培われた技術を数多く持っていますが、それらの技術を活用することで、ゲームクリエーターが作成したコンテンツを忠実に再現し、PCゲーマーです。 INZONEの製品は、ソニーが求める遊びをサポートできるギアとして開発されたと言われています。

INZONEのモニターとヘッドセットを使用することで、コンセプトは「PCゲーマーの感性と感覚を研ぎ澄まし、彼らを「ゾーン」に導くことです。

「SONY」のロゴは、モニターやヘッドセットの筐体に使用されています。

27インチ4K/144Hz対応「M9」

27インチ4K/144Hz対応「M9」

27インチIPS液晶パネルを使用。 表面はノングレアです。 解像度は3,840×2,160ドットで、リフレッシュレートは最大144Hzをサポートします。 応答速度は1ms(高速モード)です。 さらに、4K120pを表示する場合、垂直解像度が半分に薄くなることはありません。

主な機能として、バックライトはLEDの真下にあり、部分的なドライブをサポートします。 ソニーの薄型テレビやブラビアを扱うデザインチームが開発を担当し、高品質なテレビのノウハウも投入しています。 高コントラストを実現。 これはM9のみの機能です。

また、暗い場所での視認性を向上させ、明るい場所での露出オーバーを抑えながら敵を見つけやすくするブラックイコライザー機能を搭載しています。 また、十字線と現在のフレームレートを表示する機能もあります。

NVIDIAのG-SYNC互換とVRR(HDMI 2.1)の両方をサポートし、PCだけでなくPS5ディスプレイでもスタッターを抑制できます。 色域はDCI-P395%以上で、最大カラー表示は10億7000万色です。 また、VESA DisplayHDR600認定も受けています。 ピーク輝度は600cd/mです2、ダイナミックコントラスト比は80,000:1です。視野角は垂直方向と水平方向に178度です。

「PerfectforPlayStation5」という名前の機能のグループも利用できます。 PS5に接続すると動作し、PS5が接続されているディスプレイを認識し、M9に最適なHDRに自動的に調整します。 露出オーバーや露出アンダーを防ぎ、豊かな色を表現できると言われています。

また、コンテンツ連動画質モード機能もご利用いただけます。 PS5で楽しむコンテンツによっては、M9側もゲームプレイ時は「ゲーム1モード」、映画鑑賞時は「シネマモード」に切り替わります。

背面のメニュー操作ボタン

M9内蔵オンスクリーンディスプレイのメニューからさまざまな設定が可能で、PC用の設定ソフトウェア「INZONEハブ」が利用可能です。 PCから簡単に設定できるだけでなく、プレイするゲームタイトルごとに異なる設定を保存することも可能です。

「INZONEハブ」

また、PCとPS5などのコンソールゲーム機をM9に接続すると、便利な機能として「オートKVMスイッチ」が利用できます。 PC /コンソールの入力を切り替えると、キーボード、マウス、ヘッドセットの接続先が自動的に切り替わります。 この機能を有効にするには、別のUSB-B/Cケーブルが必要です。

入力端子は、DisplayPort 1.4 x 1、HDMI 2.1 x 2、USB-A x 3(ダウンストリーム)、USB-B x 1(アップストリーム)、USB-C x 1(DP Altモード/アップストリーム)です。 ステレオミニオーディオ出力もあります。 これとは別に、2Wx2スピーカーを内蔵しています。

背面13色からカスタマイズできる照明機能を搭載。

13色からカスタマイズできる照明機能

高度に設計されたスタンドを装備し、高さ調整と傾斜が可能です。 デスクからディスプレイの下部まで、幅46mmから116mmまで調整可能。 傾斜角は20度です。 スタンドから分離でき、VESAマウントで他のアームに固定できます。

スタンドの脚は3点で支えられており、スタンド間の隙間にキーボードやマウスを収納・配置しやすいデザインになっています。 スタンドの背面には、接続ケーブルをまとめるための穴もあります。

消費電力は139Wです。 スタンドを含めた外形寸法は61.5×24.8×47.9cm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約6.8kgです。

電源アダプタ

27インチフルHD/240Hz対応「M3」

インゾーンM3

IPSノングレアパネルを使用しています。 解像度はフルHDですが、M3は最大144HzをサポートするM9と比較して、最大240Hzの高フレームレート表示をサポートします。 FPSなどのよりスムーズな表示を求めるユーザー向けのモデルとして開発されます。 応答速度は1ms(高速モード)です。

バックライトはエッジタイプです。 NVIDIAのG-SYNC互換とVRR(HDMI 2.1)の両方をサポートし、PCだけでなくPS5ディスプレイでもスタッターを抑制できます。 色域は99%のsRGBカバレッジです。 最大表示色10億7000万色を実現。 また、VESA DisplayHDR400認定も受けています。 ピーク輝度は400cd/mです2、ダイナミックコントラスト比は1,000:1です。視野角は垂直方向と水平方向に178度です。

また、暗い場所での視認性を高め、敵を見つけやすくするブラックイコライザー機能と、明るい場所での露出オーバーを抑えながら十字線と現在のフレームレートを表示する機能を備えています。

M3には、M9のような「PerfectforPlayStation5」機能はありません。

パソコン用設定ソフト「INZONEハブ」をご用意しております。 PCから簡単に設定できるだけでなく、プレイするゲームタイトルごとに異なる設定を保存することも可能です。 PCとPS5などのコンソールゲーム機の両方がM3に接続されている場合、キーボード、マウス、ヘッドセットの接続先を自動的に切り替える「自動KVMスイッチ」と入力切り替えもサポートしています。

入力端子は、DisplayPort 1.4 x 1、HDMI 2.1 x 2、USB-A x 3(ダウンストリーム)、USB-B x 1(アップストリーム)、USB-C x 1(DP Altモード/アップストリーム)です。 ステレオミニオーディオ出力もあります。 これとは別に、2Wx2スピーカーを内蔵しています。

スタンドの仕様はM9と同じです。 スタンドを含む外形寸法は、61.5 x 24.8 x 47.9 cm(幅x奥行きx高さ)です。

INZONEM3の裏側

Leave a Comment