ソフトバンクGソン、民間電気通信子会社「世界の何でも」-ブルームバーグ

ソフトバンクグループの孫正義社長は、23日には創業者の取締役を務める国内通信子会社です。ソフトバンクの年次株主総会に出席し、親子として上場している子会社の株式を非公開で上場する可能性は、世界で何でもあり得ると述べた。

ソフトバンクの孫正義CEOが第3四半期の業績を発表

ソフトバンクグループの孫社長

出典:ブルームバーグ

ソン社長は株主の質問に答えた。 一方、ソフトバンクは、日本のデジタル化を推進するなど「社会的使命を果たしている」と述べ、今後の業績が期待でき、「そのまま着実に成長できる」と語った。

ソン社長の発言は、総会の議長を務めたソフトバンクの宮川淳一社長に促され、微笑みながら応え、宮川社長自身も秘密保持について「全く考えていない」と強く否定した。 ブルームバーグのデータによると、ソフトバンクGはソフトバンクの40%の株式を保有する筆頭株主です。

ソフトバンク株式会社CEO宮川淳一が収益額を発表

ソフトバンクの宮川社長

写真家:Akio Kon / Bloomberg

宮川社長は、同社の株価について、「当社の潜在力が反映されておらず、株主の一人であることに非常に不満を持っている」と述べた。 YahooやLINEなどのグループの将来性を考えると、次世代の社会インフラとしての成長の機会は増え続けており、現在の株価は「異常に安い」と認識されています。

ソフトバンクは2018年12月に上場(IPO)し、上場後も1500円を挟んで上下し続けています。 23日の取引では、前日比0.7%増の1510円となり、4営業日連続で上昇し、5月27日以来約1ヶ月ぶりの水準に戻った。

ソフトバンクのスポークスマンによると、総会は1時間12分で開催され、出席株主数は386名(会場38名、オンライン348名)となる。 24の質問があり、13名の取締役の任命を含む3つの提案の大部分が解決されました。

2018年上場以降のソフトバンク株式の変動

Leave a Reply

Your email address will not be published.