ソフトバンクGソン社長「AIとしての日本そのもの」-導入拡大を推奨-ブルームバーグ

ソフトバンクグループの孫正義社長は28日開催のイベントで、世界約1,500社の人工知能(AI)スタートアップのうち475社の大株主であり、ヤフージャパンは同社の子会社であると語った。 彼は、LINE、PayPay、英国の半導体設計会社Armなどのビジネスでそれを利用する意向を表明しました。

ソン氏は「日本そのものをAIに進化させたい」と語り、より幅広い分野での導入を促した。 それに加えて、「日本には素晴らしい技術のDNAがあり、今こそ目を覚まして日常的に利用し、最先端の国や企業グループにして発信する時が来た」と語った。日本から世界へ。」 やりました。

ソフトバンクグループ孫正義社長がJCI世界会議で基調講演

孫正義社長(2020年11月)

写真家:太田清/ブルームバーグ

国内の通信子会社ソフトバンクが主催する企業イベント「ソフトバンクワールド2022」で講演。

スイスのビジネススクールIMDが先月発表世界競争力年鑑彼は、日本は「同じであってはならない」と34位にランクされており、デジタルトランスフォーメーション(DX)とAIの導入はブレークスルーにつながると述べました。

彼は、日本の事業主は依然として「KKD(直感、経験、勇気)」に依存していると指摘した。 たとえば、小売業界は、明日の購入と将来を予測しながら、在庫管理と調達の効率を向上させるためにAIを導入する必要があると指摘しました。

Leave a Comment