ソフト日米再戦 福島で 五輪会場に観客4千人 :東京新聞 TOKYO Web

女子ソフトボール日米大会で別れを告げ喜ぶ日本人選手=6日、福島県立あづま球場

女子ソフトボール日米大会で別れを告げ喜ぶ日本人選手=6日、福島県立あづま球場

昨夏の東京五輪の会場となった福島市の福島県営あづま球場で6日、女子ソフトボール国際親善試合の日米戦が開幕した。 日本との再戦は2-1で勝利。

日本は後藤喜祐投手(トヨタ自動車)が13奪三振で完投。 上野由紀子投手(ビックカメラ高崎)も体調不良で欠場したが同行した。 試合中に励ましをもらったという後藤は「最後まで投げたかった」と勝利を喜んだ。

東京五輪のソフトボールは、昨年7月21日に同球場で開幕し、全競技の頂点を切った。

Leave a Comment