ダイハツ、新型「Move Canvas」発表の1カ月で約2万6000台受注、月販目標の4倍に – カーウォッチ

すっきりと洗練された「ストライプ」

ダイハツ工業は5日、新型「ムーヴ キャンバス」の受注累計が、7月5日の発表から約1カ月で約2万6000台に達したと発表した。好調なスタートを切り、月販目標の6,500台の4倍。

新しいムーヴ キャンバスは、オリジナルモデルの可愛らしさを継承しつつ、クリーンで洗練された「ストライプ」と上質で落ち着いた世界観「セオリー」の2つの世界を演出するモデルです。 初代で好評だった「スタンディングラックボックス」「両側パワースライドドア」に新機能を追加し、使い勝手を向上。 また、DNGAの開発や新ターボセッティングにより、走りのフィーリングも向上。

タイプ別の主な購入者は、「ストライプス」は若者を中心とした幅広い年齢層の女性、「セオリー」は男性と大人です。 人気カラーはストライプが「レイクブルーメタリック」「サンドベージュメタリック」、セオリーが「レーザーブルークリスタルシャイン」「シャイニングホワイトパール」。

主な好評ポイントは「ストライプはデザインの可愛さ、セオリーは内装を含めた質感の高さ」「新設定のウェルカムオープン機能で両側パワースライドドアに両手がふさがれる状態」 「快適に乗れる便利さ」「軽自動車初の保温機能付ホットカップホルダーなど充実の機能」「走行時の安定性や静粛性など高い基本性能」 DNGAの採用で実現した走り」「新設定のターボ、エンジンとD-CVTの組み合わせによる力強い加速感」。

上質で落ち着いた世界観の「セオリー」

Leave a Comment