ドラゴンボールスーパースーパーヒーロー:「最悪の存在」セルマックスが解除されました! スーパーアウェイクニングオレンジピッコロ、悟飯ビースト-MANTANWEB

鳥山明の漫画「ドラゴンボール超スーパーヒーロー」を原作とした人気アニメ「ドラゴンボール」第21作に、セルマックスが「最悪の存在」として登場することが明らかになった。 新しいPVがリリースされ、CellmaxがPiccoloと激しい戦いを繰り広げたシーンが描かれました。 ピッコロは彼の可能性を解放し、すでに目覚めていますが、PVではさらに「超目覚め」、彼の体はオレンジ色になり、巨大な「オレンジ色のピッコロ」になりました。 ..孫悟飯もピッコロのピンチで眠っていた力を表現し、「孫悟飯獣」となる様子が描かれています。 悟飯獣は銀色の髪、赤い目、そして途方もないオーラを持っています。

鳥山さんが悟飯ビースト、オレンジピッコロ、セルマックスについてコメントしました。 彼はユーモアを交えて、3人のキャラクターのそれぞれの詳細と秘密の物語について話します。 6月25日から2人目の来場者へのプレゼントとして配布された「鳥山明が描いたビジュアルクリアボード」のデザインも2点リリース。 オレンジピッコロ、セルマックス、ガンマ2号が衝突したシーンがそれぞれ描かれています。

『ドラゴンボール超スーパーヒーロー』は、2018年12月発売の20作目 『ドラゴンボール超スーパーヒーロー』以降の劇場版。原作者の鳥山氏が脚本・キャラクターデザインを担当。 前作「ドラゴンボールスーパーブロリー」の3Dパートを手掛けた児玉徹郎が監督を務める。 かつて孫悟空によって破壊された邪悪な組織であるレッドリボン軍の意志を受け継いだ人々は、最強のアンドロイドガンマ1号と2号を作成し、ピッコロ、孫悟飯などを攻撃しました…..

Leave a Comment