パウエル議長は、インフレ抑制への「無条件の」コミットメントを強調する-家の証言-ブルームバーグ

連邦準備銀行のジェローム・パウエル議長は、インフレ抑制へのコミットメントは「無条件」であると述べた。

パウエル氏は昨日の衆議院金融委員会でのヒアリングで、「労働市場はある意味で持続不可能なほど熱く、状況は米国の金融当局のインフレ目標からはほど遠い」と述べた。 同氏は、「物価安定を取り戻し、インフレを目標の2%に戻す必要がある。それがなければ、一定期間、最大の雇用を維持することはできない」と述べた。 述べました。

FRBの新しいドットプロット

前日の上院銀行委員会の証言と同様に、彼は、経済の軟調な着陸を達成することは「著しく困難」であると述べた。 彼はそれが「過去数ヶ月の複数の出来事、特にガソリン価格を押し上げる戦争」の影響を受けたと言った。 一方、「景気後退は避けられないと思う」と語った。

連邦準備制度理事会、ソフトランディング「非常に難しい」-景気後退の「可能性」がある(4)

パウエルは、労働市場に損害を与えることなくインフレを減らすことが可能であり、当局の目標は失業を引き起こすことではなく、需要を緩和することであると主張した。

元のタイトル:パウエルハンマーズホーム「無条件」クールな価格への取り組み(抜粋)

Leave a Reply

Your email address will not be published.