PSVアイントホーフェンからオランダ1部のフライブルクに移籍した日本代表MF堂安律(24)が開幕戦で今季初ゴールを決めた。

3点リードの後半33分。 堂安はゴール前、ペナルティエリアのすぐ外でルーズボールを拾い、左足を振り、ゴロのシュートをゴール右に突き刺した。

チームは4-0で勝ち続けました。 堂安は7月31日のドイツカップ1回戦のカイザースラウテルン(2部リーグ)戦の延長戦最終ゴールに続き、公式戦2試合連続出場。