フランスで再びコロナ感染の波、オミクロンの派生物が拡大=当局者| ロイター

フランスのワクチン接種戦略を監督する免疫学者のアラン・フィッシャー氏は、6月22日、前日に新しいコロナウイルスに感染した人の数は、約2か月ぶりに95,000人を超えたと語った。 彼は感染の波に直面していると言った。 写真は仮面をかぶって歩いている人たち。 2月にパリで撮影(2022年ロイター/サラ・メイソニエ)

[Paris 22nd Reuters]-フランスの予防接種戦略を監督する免疫学者のアラン・フィッシャー氏は22日、前日に新しいコロナウイルスに感染した人の数は約2か月ぶりに95,000人を超えたと語った。 彼は、在庫の拡大に続いて、再び感染の波に直面していると述べた。

France 2 TVは、感染が国内で再び広がったことは間違いないと指摘した。 個人的には、「この波がどれだけ強いかが問題だ」と、公共交通機関でマスクを着用する義務を復活させることが望ましいと述べた。

ヨーロッパでは、オミクロン変異株の2つの派生型「BA.4」と「BA.5」による感染の拡大が他の国々、主にポルトガルで見られました。 欧州疾病管理予防センター(ECDC)によると、この2つはこの地域で主流になる可能性が高いとのことです。

フランスでは、5月末から新たに感染者が増えています。 7日間の移動平均は5月27日の17,705から6月21日の50,402に3倍になりました。しかし、年初に記録された366,179人の数ははるかに少ないです。

Leave a Comment