マクドナルドよりも衝撃的で、ロシアで愛されているIKEAが19,000人の従業員を解雇するために撤退し、最初の国有化措置として表明されました(1/5)| JBpress

19,000人の従業員を解雇するのはこれが最初の国有化措置であると言う人もいます。

ロシアの顧客が閉店前にIKEAストアに殺到しました(3月3日、写真:ZUMA Press / Afro)

毎年恒例のサンクトペテルブルク国際経済フォーラムは、ロシアで2番目に大きな都市であるサンクトペテルブルクで6月15〜18日に開催されました。


一方、スウェーデンのIKEA、米国のコカ・コーラ、フランスのロキシタンなどの大手外資系企業は、ロシアからの撤退を次々と発表している。

サンクトペテルブルク国際経済開発フォーラムに水をやったのはまさにニュースでした。

特に、IKEAの撤退の発表が注目を集めました。


2000年にイケアが1号店をオープンしたとき、モスクワの中心部から遠く離れていたにもかかわらず、4万人以上の顧客で賑わっていました。

この熱意は、当時のマクドナルドの進歩に伴う逸話です。

イケアはロシアで20年以上活動しており、2022年3月現在、ロシアに26店舗を展開する大手外国小売業者の成功例として高く評価されています。

しかし、同社はロシアの特別軍事作戦開始直後の3月4日に一時的な店舗の停止を発表した。

現在までに19,000人の従業員に支払いを続け、雇用を維持していますが、6月15日、同社はついにロシアでの小売事業の縮小と製造工場の売却を発表しました。

イケアの公式ウェブサイトに掲載されているコメントは次のとおりです。

「過去数か月で、当社のビジネスプロセスとサプライチェーンの状況は世界中で大幅に悪化しました。」

「これにより、近い将来、ロシアでの販売を再開する機会を見つけることが困難になりました。このような状況を踏まえ、Intel IKEAグループ(注:IKEAの親会社)とIngkaグループ(注:IKEAのロシア子会社)は事業を縮小することを決定しました。ロシアで。 “

「これは難しい決断でしたが、避けられませんでした。ロシアの小売業は引き続き停止されます(以下に省略)。」

(出典:IKEAロシア公式サイトhttps://www.ikea.com/ru/ru/)。

Leave a Comment