メルセデスF1代表「多くのチームプリンシパルは1つのトリックボニーです」[F1-Gate .com]

メルセデスF1代表

メルセデスF1チームの責任者であるトト・ヴォルフは、ライバルチームのボスを「ワントリックポニー」と呼んでいます。彼はF1チームの運営方法しか知らず、全体像を考えています。 ないことを主張します。

今年のチャンピオンシップと新世代のグラウンドエフェクトカーの導入により、メルセデスF1は覇権争いから脱落しました。 実際、メルセデスF1は今シーズンまでグランプリに勝つことができませんでした。

メルセデスF1の最大の問題は、W13のポーポイズ現象でした。 トラックでのパフォーマンスではなく、開発に悪影響を与えるバウンスを最小限に抑えることに集中する必要がありました。

「ポーポイズ」と「バウンス」だけが今シーズンの流行語ではありません。 「予算キャップ」と「Flexifloor」も物議を醸しています。

予算の上限は最終的にインフレに基づいて引き上げられましたが、トト・ヴォルフは3%では不十分だと感じています。 メルセデスF1のライバルであるレッドブルとフェラーリも、床の屈曲を規制するグレーゾーンを掘り下げていると信じています。

トト・ヴォルフは、ライバルのF1チーム代表が自分のチームのためだけに最善を尽くしていると今でも不満を漏らしています。

「現在、私たちのスポーツには、チームをうまく運営するワントリックポニーである多くのチームプリンシパルがいます。2つの方法はありませんが、アクションの反対側にあることに集中する必要があります。あると思います。 「トト・ヴォルフはスクエアマイルに語った。

「自分の役割、チーム、そしてスポーツをより広い世界の視点に置くことができなければ、成功するだけだと私は信じています。」

「私の20年間の経済的背景は、自分自身を成長させるだけでなく、チームを現在の商業活動に形作るのにも役立ったと思いますが、私はまだ学んでいます。私は49プラス1です。その軌道がどこになるかわかりません。将来私を連れて行ってください。」

メルセデスF1はまだ目標を達成していませんが、最近改善の兆しが見られます。

ルイスハミルトンは、F1フランスGPで4年連続のレースで表彰台を獲得しました。 それらのうちの2つは勝利のために戦っていました。 ジョージラッセルは、1回を除くすべてのグランプリでトップ5に入っています。

それはメルセデスF1がシーズンの終わりまでにチャンピオンシップを三者間の戦いにするかどうかという問題を提起します。

「この車のコンセプトがシーズンの終わりに他の誰よりも奇跡的に1秒速くなるとは思わないが、追いつくことができれば、成功したと思うことができる」

「基本的に、収穫逓減でフィールドが戻ってきます。これはこのビジネスでは常に当てはまります。そのため、シーズンの終わりまでに、3者間の戦い、またはおそらくより多くのチームが勝利を競うことになります。

メルセデスAMGペトロナスモータースポーツ

このエントリをはてなブックマークに追加します

カテゴリー: F1 / メルセデス

Leave a Comment