レクサス、「ES」を一部改良最新のマルチメディアシステム、専用車「グレースフルエスコート」の設定等を採用-カーウォッチ

予防安全技術機能の拡大

予防安全技術の機能を拡張するために、中央のディスプレイに上から見た車両の画像を表示するパノラマビューモニターを、車両の真下の路面のキャプチャ画像と組み合わせて、路面の状態とタイヤを表示します車両の下の位置。 床下の透明表示機能を追加し、把握しやすくしました。 駐車とすり抜けをサポートします。

ES300hパノラマビューモニター(床下透明表示機能付き)

マルチメディアシステムとコネクテッドサービスを一新することで利便性を向上

最新のマルチメディアシステムを搭載し、ナビゲーション、音楽、車両設定などの各種メニューの選択スイッチを常に運転席側にアイコンで表示し、優れたアクセシビリティを実現し、画面全体のレイアウトも情報化しています。 の粒子サイズに応じて表示領域を分割し、操作フローを統一しました。

また、従来の車載ナビゲーションシステムとコネクテッドナビゲーションシステムを組み合わせたハイブリッドナビゲーションシステムや、クラウド上の地図情報を利用して交通情報や駐車場の空き状況情報をリアルタイムで取得するコネクテッドナビゲーションシステムを採用しています。 最新の音声認識機能により、ディスプレイのマイクアイコンを操作して起動し、音声で起動するほか、ステアリングトークスイッチを操作して起動し、あらかじめ設定された起動ワード(Hey Lexus!など)を発声することで起動できます。 音声認識機能は、スイッチを操作したり、再生中に音楽を停止したりすることなくアクティブにできます。 また、車に話しかけるなどの自然な発話での操作もサポートします。

車載ディスプレイでiPhoneおよびAndroidデバイスの専用機能を使用するようにAppleCarPlayおよびAndroidAutoを設定します。 Apple CarPlayの場合、従来のUSB接続に加えて、Wi-Fi経由のワイヤレス接続もサポートします。 DCM(データ通信モジュール)を利用してインターネットに接続することで、ウェブサイト(ニュース、ブログ、ストリーミング音楽、YouTube動画など)を閲覧できるウェブブラウザ機能を設定しました。

「マイレクサス」では、スマートフォンで車の燃料レベルや走行距離を確認したり、乗車前にエアコンを操作できるリモートエアコンなどのサービスを利用したりできます。 「マイカースタートロック」では、「マイレクサス」から操作することで、車のエンジンがいつまでも始動しないようにすることができます。 夜間や長期の旅行や出張の際に使用することで、車を使わないときの安全性を高めることができます。

また、DCMを介した無線通信によるソフトウェア更新を可能にするOTAソフトウェア更新機能を採用しています。 マルチメディアの表示内容や操作性の向上に加え、新機能の追加や性能の向上が可能です。

内部レイアウトを変更することで操作性を向上

インテリアは、インストルメントパネルやコンソール周りの形状やスイッチのレイアウトを最適化することで、カップホルダーなどの使い勝手や、そのままにしておくだけの充電のしやすさを向上させています。

Leave a Comment