ロシアの世論調査、プーチン大統領の承認率83%-野党の取り締まり中-ブルームバーグ

ロシアの独立した世論調査機関が実施した調査によると、プーチン大統領に対する国民の支持率は、ウクライナの侵略が始まった後に急上昇した。 しかし、ロシア政府が反体制派の取り締まりを強化する中、戦争への反対を表明する人々の意欲は疑問視されている。

反体制派のアレクセイ・ナワルニーに対するロシアの新たな投獄9年-野党の取り締まりを強化

調査は、モスクワに本拠を置くレバダセンターによって、1632人を対象に3月24〜30日に実施されました。 プーチンの承認率は約83%で、前月から12ポイント上昇し、2017年以来最高でした。国が正しい方向に向かっていると答えた回答者の数は17ポイント増加して69%になり、レヴァダが1996年に調査を開始して以来最高でした。 。

「西側諸国との紛争があるという点で、2014年の状況と非常に似ています」とレヴァダのディレクターであるデニス・ヴォルコフは述べています。 当時、ロシアによるクリミア併合後、プーチンの承認率は前例のない高水準でした。 ヴォルコフ氏によれば、プーチン氏を積極的に支持していない人々でさえ、ロシアは北大西洋条約機構(NATO)の脅威にさらされているという見解を受け入れており、ウクライナを回っています。 彼は「正しいことをしている」と言っています。

戦時ブースト

プーチンの人気はウクライナの侵略で急上昇しました

出典:レバダセンター


元のタイトル:

ロシア人はクレムリンの銃口が異議を唱えるようにプーチンのウクライナ戦争を受け入れる(抜粋)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。