ロシア国防相、ハイマーズ6機の廃棄を発表 米国国防総省は否定 | ロイター

ワシントン(ロイター)-国防総省は火曜日、ロシアのウクライナ侵攻を受けて米国がウクライナに供給したハイマーズ高機動ロケット砲システム6基を破壊したというロシアの主張を否定した。 写真はロシアのショイグ国防相。 7 月 5 日にモスクワで撮影。 写真提供 (2022 Reuters/ロシア国防省)

[2日 ロイター] – 米国防総省は木曜日、ロシアのウクライナ侵攻に対応して米国がウクライナに供給した 6 台のハイマーズ高機動ロケット砲システムを破壊したというロシアの主張を否定した。

ロシアのインターファクス通信は火曜日、ショイグ国防相が、ロシア軍がウクライナに対して軍事作戦を開始した2月24日以来、6つのハイマース部隊が破壊されたと述べたと報じた。

「米国はショイグの一連の主張を認識している。それらは再び明らかに虚偽である」と国防総省のスポークスマン代理であるトッド・ブレシールは述べた。

「現実には、ウクライナはロシアの残忍で犯罪的な侵略からウクライナを守るために、米国やその同盟国などから提供された精密ミサイルシステムを首尾よく利用している」と彼は述べた。

ロシアは、ハイマーズを攻撃して破壊したと繰り返し主張しているが、まだ証拠を提示していない.

Leave a Comment