世界のサル痘に感染し、22日で3413に増加= WHO | ロイター

6月27日、世界保健機関(WHO)は、世界中のサル痘感染に関する情報を更新し、22日の時点で、ヨーロッパを中心に50か国で3,413人の感染者と1人の死亡者がいると発表しました。 ..素材写真.. 5月22日撮影(2022年ロイター/ダドルビッチ)

[Reuters]-世界保健機関(WHO)は27日、世界中のサル痘感染に関する情報を更新しました。22日現在、ヨーロッパを中心に50か国で3,413人が感染し、1人が死亡しています。 発表しました。

17日以降に新たに報告された人の数は1310人であり、新たに報告された国の数は8人でした。

WHOは、25日、サル痘は「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」のカテゴリーに分類されないと判断しました。 しかし、テドロス事務総長は、サル痘の流行について深く懸念していると述べた。

Leave a Comment