人気があるようで…「学歴も職業も関係ない」という30代女性が全然結婚できない「本当の理由」 結婚相談所のオーナーもすぐに決まると思っていたのに… | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

結婚相手が見つからない人の特徴とは? 結婚相談所の大家優子さんは「相談した30代女性の容姿から『これならすぐに決まる』と思った。 人生が進まなかった」(1位)

※この記事は、大宅優子と現代洋子が執筆しています。半年以内に結婚するための20のルールをおまけでお預かりします』(集英社)を再編集。

カフェで若いカップル

写真=iStock.com/Yue_

※写真はイメージです

毎回同じ理由で婚活鬱に陥る30代女性

32歳、専門学校卒、歯科助手。 彼女は2年間結婚を探していましたが、同じ理由でうつ病に陥るたびに. そしてかなり頻繁に。

見た目は男らしく、小柄ながらもスリムで、服装や持ち物のセンスも良い。 笑うと小さなえくぼが現れるのがチャーミング。 そんな女性に男性が夢中になるのは容易に想像できます。 入学面接でお話を伺ったところ、とても印象が良く、もうすぐ決まると思いました。

彼女が相手を探す上でデメリットがあるとすれば、それは彼女の休日が平日であることだ。 勤務先は千葉県市川市にある人気の歯科医院で、20時過ぎまで診療を受け付けている。 彼女はそこで常勤の歯科助手です。 土日も忙しいらしく、もちろん休むことは許されない。 週末でも21時くらいには仕事が終わります。

ほとんどの場合、結婚相談所でのお見合いは土日で行われます。 メンバーの休日は土日祝日がほとんどなので理由は明らかです。 土日祝日が休みのサービス業にとって、婚活のハードルは非常に高い。 仕事終わりのデートとなると、時間が遅いと行く場所が限られます。

打ち合わせはあくまでも対面です。 雷に打たれる運命をその場で感じ、一気にゴールにたどり着くのはほぼ不可能と言えます。 だから、入部時に「連休中は自分の予定よりも婚活を優先してください」とメンバーに言っているのです。 「本気で結婚するなら土日休みの方が有利」とも相談しました。 見た目通り可愛いプロフィール写真が撮れましたし、相手の条件もそれほどハードルは高くありませんでした。

彼女のように「学歴はどうでもいい、職業はどうでもいい、年収400万円以上が欲しい」という気持ちがあれば、結婚相手はどんどん増えていきます。 彼女のお見合いは順調に進んでいるように見えたが、お見合いが始まってすぐに事態は一変した。

Leave a Comment