今日の株価見通し=先売り、米国のハイテク株は下落し、株価は株に売れる| ロイター

[Tokyo 29th Reuters]-日経平均株価は、今日の東京証券取引所で最初に売られると予想されています。 前日の米国株式市場は急落し、日本の株式市場は緩やかな成長が見込まれます。 前日の米国株式市場では、ハイテク株が急落しており、高値株を中心に販売されることが見込まれます。 日経225は、最初に販売を開始してからどれだけ削減できるかに焦点を当てる可能性があります。

日経平均の予想範囲は26,700円から27,000円です。

28日の米国株式市場は急落した後、急落した。 3つの主要なインデックスはすべて落ちています。 6月の米国の消費者信頼指数の悪化は楽観的な見方を後退させ、インフレに対処するための連邦準備制度の積極的な利上げは米国経済を不況に陥らせました。 懸念が高まっていました。

3つの主要指数の中で、ハイテク株が多いナスダック総合指数が最も下落しました。 Apple、Microsoft、Amazon.comの欠点が圧迫されました。

今日の日本の株式市場では、前日の米国の株価下落傾向を引き継ぎ、先に売り始めることが見込まれています。 日経平均株価は昨日、心理的なマイルストーンである27,000円で取引を終了し、「プラットフォームの達成感から利益を生む売り上げが容易だ」と述べた(東洋証券ストラテジスト、大塚隆太)。 頼まれました。

大塚氏は、取引は先売りから始まった後、アジア株や米国株先物の動向を見据えて展開される可能性があると指摘した。 彼は、「不況の中でどれだけの意欲を持って購入するかを見たい」と語った。

ドル/円の為替レートは現在136円上半期であり、円安が続いています。 円安は業績改善の憶測から一部の輸出関連企業を支えると見込まれているが、市場全体への影響は限定的であると言われている。

日本では、日本の乗用車メーカー8社の5月の生産・販売・輸出実績と5月のコマーシャルダイナミクス統計速報(経済産業省)が主なスケジュールです。 海外では、1月から3月の四半期(商務省)のGDP確認済み数値が米国で発表されるほか、FRBのパウエル議長、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁、国際決済銀行(BIS)のクリスティーヌラガルド総裁が発表されます。 。 マネージャーはECBフォーラムで中央銀行についてスピーチをします。

前営業日の終値年初の高値年初の安値

日経22527049.4729388.16 24681.74

+178.20 2022/01/0 2022/03/0

5 9

シカゴ日経平均先物制限26745(円建て)

Leave a Comment