今日の株価見通し=不確実な動きにより、不満、輸出関連株は堅調| ロイター

[Tokyo 23rd Reuters]-日経平均株価は、今日の東京証券取引所で相反することが予想されます。 イベント通過後、新素材は見つからず、動きに方向性が感じられないようです。 このような状況下、前日は好調だった自動車株などの輸出関連株は、ドル高・円安をきっかけに堅調に推移する見通し。

日経平均の予想範囲は26,000円から26,300円です。

22日の米国株式市場は、不安定な展開の後、わずかに反発した後、取引を終えた。 エネルギーストックの重みに加えて、連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長による、インフレ抑制に「強くコミットしている」という声明が具体化されました。

FRB議長の議会証言のイベントを通過したものの、前日に発表された参議院選挙は重要なものとは見なされず、手がかりも少なく、見送りの気持ちは引き続き強いようです。

市場では、「日本は材料不足で海外要因に左右されやすいが、大きな変動を受けて米国株がやや下落して引けたため、見送り感が先行しているようだ。目立つことから、輸出関連株が市場の中心となるだろう」(岡地証券投資情報室所長森博康氏)。

最終営業日の終値昨年の高値昨年の安値

日経22526149.5530795.78 26954.81

–96.762021年9月14日2021年8月20日

シカゴ日経平均先物制限26195(円建て)

Leave a Comment