債券下落、米金利急上昇で売りに-台湾も米中動向に注目-ブルームバーグ

債券価格が下落しました。一連の米国地方連銀総裁コメント来年の利下げ観測が後退したことを受けて、前日の米国長期金利急上昇の動向を受けて、長期債や超長期債を中心に売りが進んでいる。 一方、ペロシ米下院議長の台湾訪問に対する中国の反応も市場の要因となる可能性があり、日銀による国債購入の継続と指値オペが市場を下支えするだろう。 している。

みずほ証券のマーケットアナリスト、鈴木有里枝氏は超長期債について「昨日の10年超のカーブが横ばいになったので、反動下落を警戒する時期だ」と指摘。 高金利が維持される中でバーゲン買いの需要が喚起されれば、「超長期金利の上昇率は海外金利に比べて抑制される可能性がある」。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券のシニア債券ストラテジストである稲留勝俊氏は、台湾情勢について「米中の政治的緊張の高まりが金利上昇抑制の要因になる」との見方を示した。 視点を示した。

日銀は午前10時10分に金融オペで定期購入操作を行う知らせ. 満期は1年超3年まで、3年超5年まで、10年超25年まで。 買収額はそれぞれ4,750億円、4,750億円、1,250億円。 同時に、日銀は 10 年物国債を利回り 0.25% で無制限に買い入れる指値オペを発表した。

  • 9月長期国債先物市場は前日比31円安の150.36円で取引を開始した。
  • 新しい 10 年債利回りは 1.5 ベーシス ポイント (bp) 上昇して 0.185% に
  • 新たに発行された 30 年債の利回りは 1.5bp 上昇して 1.200% になりました
9月長期国債先物

バックグラウンド

Leave a Comment