元アウトローのカリスマ・瓜田純二、顔面多発骨折について「練習中の怪我」「変なトラブルではない」と説明:J-CASTニュース[Full text]

「元アウトローのカリスマ」の異名を持つ総合格闘家の瓜田純二さんが2022年8月4日、顔の複数の部位を骨折したことをSNSで報告した。

瓜田は7月17日に行われた総合格闘家・朝倉未来選手の格闘技イベント「BreakingDown5」にも出場。

  • 浦田純二さん。夫婦のインスタグラム(junshi.reiko)より

    浦田純二さん。夫婦のインスタグラム(junshi.reiko)より

  • 骨折を報告した瓜田順志夫妻のインスタグラム(junshi.reiko)より

    骨折を報告した瓜田順志夫妻のインスタグラム(junshi.reiko)より

  • 浦田純二さん。夫婦のインスタグラム(junshi.reiko)より
  • 骨折を報告した瓜田順志夫妻のインスタグラム(junshi.reiko)より

「練習中にスパーリングでカウンターがついた」

瓜田夫妻夫婦のインスタグラムアカウントが4日夕方更新され、妻は「この度、夫の瓜田淳二が緊急健康診断で内科の医師の診察を受けました。骨折してしまいました」とコメントした。 「練習中の怪我でした」と彼は言った。

瓜田さんの容態について、「吐き気や頭痛がひどく、下あごを骨折している形跡があるようです。 彼女は「手術が完了して落ち着くまで、すべての作業はキャンセルされます。ご迷惑をおかけして申し訳ありません」とつづりました。

一方、ネット上では練習中に大怪我を負ったことに疑問の声が相次いだ。 そして、8月5日朝、瓜田夫妻が再びツイッターで「大袈裟な話ですが、本当に練習中のスパーリングでカウンターをもらっただけです」と説明。 「変なトラブルじゃないよ」と断言した(原ママ)。

また、「ご心配おかけして申し訳ありません。昨日の夜は救急でCTだけだったので、朝から整形外科で精密検査を受けます」とコメントした。 彼は、それが初めての経験ではないことを明らかにしました。

Leave a Comment