再販サイトでの記録的な取引数を記録する「オメガ」×「スウォッチ」コラボレーションウォッチの最も人気のあるモデルは何ですか? –WWDJAPAN

再販サイト「STOCKX」は、「オメガ」と「SWATCH」の初コラボレーション「ムーンスウォッチ」が数々の記録を打ち立てたことを発表した。

同サイトによると、3月26日の発売から1週間足らずで約2000件の取引があり、週単位で見ると「サイト史上最も取引量の多い時計」となっている。 平均取引価格は900ドル(約11万円)で、小売価格260ドル(税込33,550円)から250%上昇し、上昇率は「ナイキ」「オフホワイトヴァージルアブロー」。 。 (OFF-WHITE c / o VIRGIL ABLOH)」は、一部のコラボスニーカーでしか記録されていない驚くべき数字です。 11種のうち、取引件数が最も多かったのは、月をモチーフにした「月への使命」で、取引件数は392件(3月29日現在)でした。 平均取引価格の上昇率が最も高いのは、天王星をモチーフにした「ミッション・トゥ・ウラヌス」の300%(10,40ドル、約127,000円)です。

「ムーンスウォッチ」は、時計会社スウォッチグループ(SWATCH GROUP)傘下の「オメガ」と「スウォッチ」の初のコラボレーションであり、26日に日本で発売される予定だったため、注目を集めました。 ところが、店舗での購入希望者の氾濫によりキャンセルとなり、29日には抽選販売を行いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。