出井伸之が1984年に結成した「華麗なネットワーク」の素晴らしさ| リーダーシップ、文化、資格、スキル| 東洋経済新報社

昨年3月のインタビューでは、シャープで力強い姿を見せていた編集者も圧倒されました(緒方文重さん撮影)。

ソニー(現ソニーグループ)の社長兼会長であった出井伸之氏は、6月2日に84歳で亡くなり、新聞やテレビなどほとんどのメディアで報道されました。

創業者ではなくサラリーマンマネージャー(スペシャリストマネージャー)であるにも関わらず、マネージャーがこれほど広範囲に取り上げられることはめったにありません。 上記の井出氏の死に関するメディア情報のほとんどは、送信者がジャーナリスト、大学教授、元従業員のいずれであるかにかかわらず、マネージャーとしての井出氏の長所と短所を紹介し、説明しました。 そのため、この記事では、出井伸之氏がフランス人の愛好家であったことから、ギ・ド・モーパッサンの長編小説「女の一生」で出井伸之氏の「男の人生」をあえて言及しました。 振り返りたい。

著者は、昨年(2021年)3月2日に69歳で井出氏によって設立されたクォンタムリープで、井出氏だけにインタビューした。 内容は「東洋経済新報社」に掲載されています。 (((出井伸之「日本はアジアの真価を知らない」2021年3月19日配信)。

「私は常に未来だけを見ています。」

今回のインタビューでは、井出さんが最初に「私は83歳です」とオープンしましたが、彼はそのダンディに立ち向かい、彼の論理的で力強い物語は、私が最初に彼に会った約30年前とほぼ同じでした。 。 私はしませんでした。 分割の時、エレベーターに送ってくれた出井さんに「いつまでも元気です」と挨拶しました。 その時、いつものかっこいい表情が一瞬崩れ、笑顔がこぼれました。 たった1年3ヶ月後に天国に呼ばれるとは思ってもみませんでした。

井出井さんと一緒に働いたソニーグループの幹部たちは、驚きを隠せません。

「数ヶ月前にイベントに参加する機会がありましたが、当時はとても元気で、コロナ後の海外出張を考えていたのでびっくりしました。」

予想外の訃報でした。

インタビューの冒頭、井出井さんはピックオフボールを投げているかのように次のように言った。

「私は常に未来だけを見ているので、私はソニーについてはまったく話しません。」

83歳の時の「未来を見ているだけ」という前向きな言葉の裏には、様々なメディアから批判されていたソニー時代の過去を振り返りたくなかったのではないかと思います。

管理が結果であるため、終わりが悪い場合、すべてが悪いです。 しかし、サラリーマンのイデイの人生は「すべて悪い」でしたか? 人生には山あり谷ありがありますが、井出さんは楽しんでいたようです。 新卒で入社し、日本を代表するグローバル企業であるソニーのトップに登ったサラリーマン(ビジネスマン)の生涯を、成功と失敗の両面から見ると、読めない「人間の出井伸之」他の記事あなたはの本質を見ることができます。

「男の人生(出井さん)」は1923年(昭和12)に始まります。 彼は5人の兄弟(3人の姉と1人の兄)の末っ子として生まれました。 兄の城司は16歳で病気で亡くなり、井出井さん自身が「頭がおかしくなった」と言うほど、唯一の少年として育ちました。 彼の母親(綾子)は遠足に続いた。

父の出井伸之は早稲田大学の教授(経済学)であり、スイスのジュネーブにある国際労働機関(ILO)でも働いていました。 そのため、息子に研究者の道をたどってもらいたかったようですが、信行さんは「両親から離れて」別の道を進みたいと思っていました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.