午前中の日経平均株価は上昇を続け、半導体関連株に買い戻す| ロイター

日経平均株価は24日の朝、前営業日比190.99円増の26,362.24円まで上昇を続けた。 近づいてから堅調に推移しており、徐々に増加率が高まっています。 米国の長期金利の低下傾向に対応して、半導体関連株を購入し、成長株のコーナーが強かった。 写真は2020年に東京証券取引所で撮影された。(2022年ロイター/キム・ギョンフン)

[Tokyo 24th Reuters]–24日の朝の東京証券取引所では、日経平均株価は前営業日から190.99円上昇し、26,362.24円まで上昇を続けた。 近づいてから堅調に推移しており、徐々に増加率が高まっています。 米国の長期金利の低下傾向に対応して、半導体関連株を購入し、成長株のコーナーが強かった。

前日の米国株式市場は反発した。 米国の金利上昇に伴う景気後退への懸念が根強い中、防衛株とハイテク株の上昇がビジネスに敏感な株の減少を相殺した。 日経平均も米国株式市場の流れを引き継ぎ、着実にスタートしました。 ある時、前営業日から約210円値上がりして26,391.11円になるシーンがありました。

業界別では、半導体関連株は引き続き堅調でした。 松井証券の久保田知一郎シニアマーケットアナリストは、「米国の金利低下傾向に加えて、半導体の供給不足は少なくとも2024年まで続くと述べた。半導体関連株は買い戻されている」と語った。

しかし、買い戻した株の多くは、「買いは一時的で低迷している印象があります。日々の減少に伴い、自律的な反発の程度までしか上昇していない」と述べた。

また、米国株の不安定な状況が落ち着くまで、日経225が積極的に上昇を追求する可能性は低いとの見方もあります。 明星アセットマネジメントの菊池誠氏は、「市場は米国株式市場の将来の方向性をまだ決定しておらず、日経平均は米国株式の方向性が決定されるまで横ばいである。今後も続くと思われる。 「」

TOPIXは0.33%上昇して1857.80ポイントで午前の取引を終えました。 東証プライムマーケットの取引価格は1,504,841百万円でした。 東証の33産業のうち、値上げは海運、サービス、精密機器など16産業であり、値下げは航空輸送、保険、石油・石炭製品など17産業であった。

個人的には、東京エレクトロンとアドバンテストは堅調になっていますが、三菱自動車もIHIもありません。 インデックスへの貢献度が高いファーストリテイリングは軟調ですが、ソフトバンクグループは堅調です。

TSEプライム市場の上昇と下降の数は1132株(61%)、627株(34%)、79株(4%)でした。

Leave a Reply

Your email address will not be published.