大谷翔平、「シャープすぎる」スライダー「マジで…」相手バッター「ポカンフェイス」→三振直後のスイングミスと「ギブアップ」反応の反響| 野球| ABEMA TIMES

大谷翔平、
[Video]大谷翔平、相手の打者はスライダーの「ポカンフェイス」が鋭すぎる»

[MLB]エンゼルスロイヤルズ(6月22日、日本時間23日/アナハイム)

エンゼルス大谷翔平は「2番投手」からスタート。 彼は、連続して2回の三振を含め、合計10回の三振を示しました。 そんな中、一気に逃して打った打者が浮かぶ「ポカンフェイス」。 さらに、「ギブアップ」に似たスウィングシーンが注目された一幕もありました。

[Video]大谷翔平、相手の打者はスライダーの「ポカンフェイス」が鋭すぎる

問題のシーンは1回で、1塁と2塁に2人の死んだランナーがいます。 大谷の台頭を攻撃したロイヤルズは、1番のメリフィールドがセンターを叩き、2番のベニンテンディがライトを連続で叩き、突然最初のチャンスをつかんだ。

大谷は早い段階でピンチ状態でしたが、ここからギアを変えました。 次の3番ウィットが打たれると、4番メレンデスが左ライナーで打たれ、2アウトまでヒットします。 そして、ロイヤルズNo.5ドジャースの打席。 大谷が2-2カウントから投げた5番目のボールは88.3マイル(約142km)のスライダーです。 これを処理できなかったのはドジャースでしたが、決定はストライキでした。 次に、ドジャースの視線がボールアンパイアとボールの間を行ったり来たりして、ボールの弾道を何度もチェックします。 彼はベンチに引き上げるときに何度も首を横に振った。

ドジャースと大谷のスライダーの反応は、「パーフェクトデシジョンボール」「スライダーエグー」「そうだね、首を横に振っている」など、ゲームを中継したABEMAの視聴者から驚きと称賛を受けた。 さらに、「今日は勝ちました」。

[Video]大谷翔平、相手の打者は

[Video]大谷翔平、相手の打者はスライダーの「ポカンフェイス」が鋭すぎる

を参照してください

SPOTV NOW

Leave a Reply

Your email address will not be published.