大谷翔平、OPバトルNo.2は「技あり」2回5回、3回のバトルで初めて1発、MVPがスタンドにコール| フルカウント

敵のロッキーズに対する「No.1指名打者」のスターター

■ロッキーズ-エンゼルス(オープンマッチ、日本30回目、スコッツデール)

エンゼルス投手大谷翔平は、29日(日本時間30日)に敵国ロッキーズとのオープンゲームで「指名打者1位」、3試合3試合で5打数2位でスタートした。回数。 ランを発射しました。 彼は7打席で代打を送られ、途中で交代した。 彼は2打席、1打点、2打点、2ゴール、1ウォークを持っています。 彼の打率は.286、OPSは1.214でした。

技ありショットでした。 5番目の非死の2塁。 彼は右腕のチャシンの内角シンカーを反対方向に叩いた。 左ウイングシートに飛び込むNo.22ラン。 彼の距離は367フィート(約111.9メートル)でした。 26日(27日)のホワイトソックス戦以来、3試合で初めてアーチ。 MVPコールがスタンドにエコーしました。

初めての初めに、彼はグラウンダーに倒れ、4回の初めに、彼はベースの上を歩きました。 ある死後、レンドンの右利きのフライトは、タッチアップで二塁への良い走りを示しました。 彼はアプトンの真ん中の交差点への3ランの逆転で生き残った。 彼はまた鈴木のために2回のランを行い、1イニングと5ゴールを生み出しました。

前日の28日(同日29日)のホームベースであるアスレチックスとの試合で、彼は2試合で最初の右フロントヒットで最初のヒットをマークした。 彼は打席3打数、打数1、三振1でした。 彼はオープニングまで順調です。

[Watch the actual video]大谷翔平のオープンマッチNo.2は、内コーナーボールとは逆方向の「技あり2ラン」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。