大谷翔平「技あり」2インナーコーナーボールとは逆方向に走る…アメリカのデータマニア賞賛「エクセレントブロー」| フルカウント

4回に一塁から右フライトでタッチアップし、二塁に進んで1回5点を出す。

■ロッキーズ-エンゼルス(オープンマッチ、日本30回目、スコッツデール)

エンゼルス投手大谷翔平は、29日(日本時間30日)に敵国ロッキーズとのオープンゲームで「指名打者1位」、3試合3試合で5打数2位でスタートした。回数。 ランを発射しました。 彼は5回の攻撃の後、2打席、1打点、2打点、2ゴール、1ウォークで引き上げました。 彼の打率は.286、OPSは1.214でした。

技ありショットでした。 5回2塁死なし、右腕チャシンの内角シンカーを逆転。 彼は左翼の座席に2番と2番のランを発射した。 彼の飛行距離は367フィート(約111.9メートル)です。 26日(27日)のホワイトソックス戦以来、3試合で最初のアーチとなった。

米国のボール界も昨シーズンのMVPマンのアーチに興奮していました。 米国体育局「FOXスポーツ」は「翔平が示したのとは逆の力」を発表した。 MLB公式サイトで「スタットキャスト」を扱っている記者のデビッド・アドラー氏は「大谷の大打撃」と語り、チーム公式ツイッターは「開幕戦はもうあるのか」と待ちきれないようだ。

4回、一塁で四球を歩き、レンドンの右便が2塁に上がった。 彼は良い走りを見せ、アプトンの逆転を3ランと呼び、1イニングと5ゴールを生み出した。 彼は素早い強打でナンバーワンの打者になる可能性があります。

(フルカウント編集部)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。